マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

きょうだいが仲良く育つために

投稿日:2017年4月3日 更新日:

きょうだいは仲が良いほうがいいです。

学校が夏休みになって、親が『早く学校が始まってほしい』と思う理由ナンバー1は、ずばり【子供達が毎日ケンカしてうるさいから】(ソースは小紫ブリジットの井戸端会議)。

 

同じ土俵の上にいるからケンカをする

年の離れたきょうだいはあまりケンカをしません。一緒に遊ぶことも少ないし、張り合うにはちょっとレベルが違います。これが2~3歳くらいの差だと、それはそれは毎日がパラダイスもといバトルです。

では、きょうだい関係が変わってくるケンカの仲裁パターンを載せてみます。

 

パターン別にきょうだいの心情を想像してみる

《パターンA

弟『わ~ん、わ~ん、お母さ~ん、お姉ちゃんがいじめた!』

姉『ちがうよ、弟がじゃましてきたんだよ!』

親『あ~、もう。お姉ちゃんなんだから、面倒みてあげなさいよ。』

これはもう、泣けば親は味方してくれると悟るパターン。姉は、コイツのせいで叱られた・・・と、弟を恨むことに。

 

《パターンB

弟『わ~ん、わ~ん、お母さ~ん、お姉ちゃんがいじめた!』

親『お姉ちゃんがいじめるわけないでしょ。ちゃんとお姉ちゃんの言うこと聞きなさい。』

弟『はーい。。。。』

姉『お姉ちゃん宿題終わったら一緒にゲームしてあげるからね。』

お姉ちゃんの言うことは神よ!神!と弟に刷り込みます。姉は責任重大ですが、弟が自分を慕ってくれると嬉しくてついつい可愛がってしまう罠。

 

孟子の長幼の序

『長幼の序』という言葉をどこかで聞いたことがあるかもしれません。私は確か高校時代に漢文で習った遠い遠い記憶です。改めてウィキペディアで調べてみると年少者は年長者を敬い従うことを意味するそうです。孟子が言ったこの『長幼の序』という言葉は「勝文公」という彼の著作の中に出てくる言葉ですが、実は詳しい解説はないと言うことも分かりました。しかし、孟子は儒教の創始者である孔子の影響を受けて勉強をしてきた人ですので、孔子の考えが色濃く影響しているというのは明らかです。

『論語』(孔子と弟子たちの言行をまとめたもの)の中に、孝悌について述べられた一節があり、親(=孝)や兄姉(=悌)といった年長者に対する崇敬の必要性が説かれているそうです(ネット調べ)。

実際に『論語』を読んでみようかと本屋さん行ってページをめくってみましたが、解説がついているにも関わらず難しすぎて私には無理とあきらめました。

 

【教訓】

・兄姉はすごいと弟妹に教えるべし。

・弟妹の教育係を兄姉に任せるべし。

・悪いことまで教えるから、気を付けるべし。

-未分類

執筆者:

関連記事

家庭内の秘密ごとは、かなり外に漏れているということを念頭に置かなければならない~犯人は子ども~

昨夜の夕ご飯にハヤシライスを作りながら、長女が小学校の時に書いた作文を思い出した私です。 ちなみにハヤシライスとハッシュドビーフの違いが分かりません。   たいてい秘密にしたい家庭の恥ずかし …

子供というのは、叱らなくても反省するし、もう二度としないように気を付けようと思っている。また繰り返しちゃうけどね!

ある日の昼下がり。 子供たちが何やらやっています。仲良く顔を突き合わせて。なんの相談でしょうか。 微笑ましく思いながら傍にいくと・・・・     ぎょえ~~~~~~!! &nbsp …

お散歩最強伝説~お散歩による最大の効果を発揮させるために必要なこと

子供はお散歩や外遊びが大好きです。正直なところ、『お外ーお外ー!』とねだられて、面倒だな・・・と感じることも多々ありましたけど。 お散歩って子供に成長にとって、良い刺激がたくさんあるんだそうです。小学 …

トイレトレーニング?トレーニングしなくても、おむつは外れる

おむつが外れるタイミングは、みんな違います。 みんな違うと分かっちゃ~いるのに、一生懸命になってしまうのが親の性。   私『もう2歳だね、おむつ外してトイレでおしっこしようか!』 ケンタ『う …

『かわいい子には旅をさせろ』と『親の心子知らず』の小学校生活

幼稚園・保育園で送り迎えの日々をしてきた我が子が小学校に入学すると、いろんなことが心配です。特に下校時間になると、そわそわ。車に気を付けて歩いているか、お友達と仲良く帰れているか、ケガなどしていないか …