マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

きょうだい

きょうだいが仲良く育つために

投稿日:2017年4月3日 更新日:

きょうだいは仲が良いほうがいいです。

学校が夏休みになって、親が『早く学校が始まってほしい』と思う理由ナンバー1は、ずばり【子供達が毎日ケンカしてうるさいから】(ソースは小紫ブリジットの井戸端会議)。

 

同じ土俵の上にいるからケンカをする

年の離れたきょうだいはあまりケンカをしません。一緒に遊ぶことも少ないし、張り合うにはちょっとレベルが違います。これが2~3歳くらいの差だと、それはそれは毎日がパラダイスもといバトルです。

では、きょうだい関係が変わってくるケンカの仲裁パターンを載せてみます。

 

パターン別にきょうだいの心情を想像してみる

《パターンA

弟『わ~ん、わ~ん、お母さ~ん、お姉ちゃんがいじめた!』

姉『ちがうよ、弟がじゃましてきたんだよ!』

親『あ~、もう。お姉ちゃんなんだから、面倒みてあげなさいよ。』

これはもう、泣けば親は味方してくれると悟るパターン。姉は、コイツのせいで叱られた・・・と、弟を恨むことに。

 

《パターンB

弟『わ~ん、わ~ん、お母さ~ん、お姉ちゃんがいじめた!』

親『お姉ちゃんがいじめるわけないでしょ。ちゃんとお姉ちゃんの言うこと聞きなさい。』

弟『はーい。。。。』

姉『お姉ちゃん宿題終わったら一緒にゲームしてあげるからね。』

お姉ちゃんの言うことは神よ!神!と弟に刷り込みます。姉は責任重大ですが、弟が自分を慕ってくれると嬉しくてついつい可愛がってしまう罠。

 

孟子の長幼の序

『長幼の序』という言葉をどこかで聞いたことがあるかもしれません。私は確か高校時代に漢文で習った遠い遠い記憶です。改めてウィキペディアで調べてみると年少者は年長者を敬い従うことを意味するそうです。孟子が言ったこの『長幼の序』という言葉は「勝文公」という彼の著作の中に出てくる言葉ですが、実は詳しい解説はないと言うことも分かりました。しかし、孟子は儒教の創始者である孔子の影響を受けて勉強をしてきた人ですので、孔子の考えが色濃く影響しているというのは明らかです。

『論語』(孔子と弟子たちの言行をまとめたもの)の中に、孝悌について述べられた一節があり、親(=孝)や兄姉(=悌)といった年長者に対する崇敬の必要性が説かれているそうです(ネット調べ)。

実際に『論語』を読んでみようかと本屋さん行ってページをめくってみましたが、解説がついているにも関わらず難しすぎて私には無理とあきらめました。

 

【教訓】

・兄姉はすごいと弟妹に教えるべし。

・弟妹の教育係を兄姉に任せるべし。

・悪いことまで教えるから、気を付けるべし。

-きょうだい

執筆者:

関連記事

末っ子の高度な甘え技術は上のきょうだいが決して真似できない(したくない)レベル

子供が生まれるたびに、どんどん躾がゆるゆになっていく私です。 お兄ちゃんお姉ちゃんの時は厳しく育てて、何故末っ子には甘くなるのか、分析してみました。 言ってもできないと悟った 言えばちゃんとやってくれ …

赤ちゃんと上の子が同時に泣いたら、上の子を抱っこしてあげる

タイトルは育児本に書かれていたことです。 理由は、赤ちゃんは放置されても記憶ないから大丈夫。でも上の子は、自分を構ってもらえなかった記憶が残るから。 恨みが一生残るというわけか、ああ・・・恐ろしい。 …

きょうだい同士は何故もこんなにシンパシーを感じるのだろうか?謎の言葉も解読できるきょうだいの絆

末っ子まき子ちゃんが1歳を過ぎ、たどたどしく単語で会話できるようになった時のお話。   上の子たちは子供部屋のある二階で遊んでいましたが、まだ目が離せない小さなまき子ちゃんは私と一緒にリビン …

きょうだいや親子で寝相が一致するシンクロ率の高さは遺伝子との因果関係があるのか?!という疑問はさておき、やっぱり写真撮っちゃうよね

子供たちの寝ている様子を見に寝室に行くと、結構な確率で寝相が同じだったりします。別々の場所で同じ格好の時もありますが、二人平行で一致してたりすると、感激すら覚えます。まさかの左右対称だった日には高校の …

下の子が生まれても、お兄ちゃんお姉ちゃんはまだ子供~幼児とお姉ちゃんのはざまで~

赤ちゃんが生まれると、上の子は何でも出来るように錯覚してしまうのは、私だけではないはず。 我が家では3番目のまき子が生まれてから、長女の美里は私の中では良き理解者、協力者。なんでも会話が通じて、しっか …