マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

おもちゃ売り場で子どもが泣く理由はこれだ!

投稿日:

おもちゃ売り場で駄々をこねてる子どもを見かけます。

ご多分に漏れず、我が家の子供たち(特に息子)も、相当駄々をこねました。床に這いつくばって・・・。地獄の底から這いあがってくるようなあのポーズは、親としては身の毛もよだつ経験。ああ、おそろしや~

当時の私は、泣きわめく我が子をどうやって泣き止ませ、なおかつおもちゃ購入を断念させようかと考えていました。

私「今日は買わない約束だったでしょ。

子「わーんわーん(通訳:でも見たら欲しくなるに決まってるじゃん!)

私「買ってもすぐ飽きるよ。

子「わーんわーん(通訳:お母さんは飽きても僕は飽きない、そう・・・永遠に。)

私「そんな高いものは買えない。

子「わーんわーん(通訳:そんな大人の事情を言われても知らんがな~)

 

我慢はできるが悲しい事実には変わらない

子どもがおもちゃ売り場で泣いていると、買ってもらえないから駄々をこねてると思われがちですが、実は駄々なんてこねていない時もたくさんあります。買えないのは分かっちゃいるけど、我慢できるけど、だけど買えないという現実をしっかり理解してしまったが故に悲しみで涙が止まらないことだってあるのです。

泣きながらもちゃんと我慢している時に、

『泣いても買わないからね!』

となぜか叱られてしまうという悲惨パターン。

ことわざでいうと、泣きっ面にハチ。もしくは弱り目に祟り目。もしくは踏んだり蹴ったり・・・・。

自分のお気に入りに、「いいね!」と共感してもらえないガッカリ感

頭ごなしに、ダメ!と言われる状況は、大人だってつらいです。自分の愛着を否定・拒絶されたら、がっかりしちゃいます。この時、「このおもちゃ、お母さんもいいと思う。」とかお父さんが「面白そうだな~!」と興味を示してくれるだけで、ある一定の心の満足を得ることができます。そして、おもちゃを買えるか買えないかは次の段階として前向きに捉える元気も出ます。

日々のコミュニケーションで心を埋めてあげることで、孤独感を物欲で埋める衝動は減るのかなと感じています。

購入プランを子供自身で立てる

実際にそれを購入するかどうかは、家庭によってまちまち。

金額的にはすぐ買ってあげられるものもあるでしょう。でもその都度ほいほい買ってあげたらこの子は一体どんな子に育ってしまうだろうと思った経験がある方、挙手をお願いします。

一方で、『でも、それってお高いんでしょう~?』というおもちゃを盛大にねだられる時もあります。

「お誕生日のプレゼントにしましょう」

「サンタさんに頼もう」

という切り返しがありますね。

私がお勧めしたいのは子供達自身に支払いプランを聞くことです。当然まだ子供ですから、不可能なプランや奇想天外なプランだったりしますが、目標を達成するために自分で計画を立てることは発想力にもつながります。現実的なプランに修正するフォローをしてあげつつ、夢を現実にする喜びも味わわせてあげるといいですね。

 

【教訓】

・おもちゃが買えない時は、子ども以上にジダンダ踏んで悔しがるべし。

・子供にとって宝物なら、まずはその価値を聞いてあげるべし。

-未分類

執筆者:

関連記事

育児、それは怪我との戦い〜青あざを作って頑張るお母さんたちへのエール〜

寝たきりだった赤ちゃんが、寝がえりやお座りをできるようになると嬉しいものです。寝返りを今か今かと待ちながらずっと見ていられるのも赤ちゃんの魅力。可愛すぎてずっと見ちゃいます。それと同時に、動けるように …

トイレトレーニング?トレーニングしなくても、おむつは外れる

おむつが外れるタイミングは、みんな違います。 みんな違うと分かっちゃ~いるのに、一生懸命になってしまうのが親の性。   私『もう2歳だね、おむつ外してトイレでおしっこしようか!』 ケンタ『う …

今日は父の日。お父さんに叱られた時のわが子のリアクションを紹介

子供が親に注意された時のリアクション みんなの話を聞くと家庭によって父親母親の役割が違うので、いろんなバリエーションがあって興味深いですね。 『うちはパパが甘々で絶対叱らないから私が叱るのよ。だからい …

育児において父母が同じ内容の子育てをしているようであっても、子供のリアクションによって疲れ具合は違う

長女が3歳、長男が1歳くらいだったでしょうか。 私はその時期、仕事を辞めて子供たちの世話を全面的に見ていたのですが、東京に住む友達のお誘いをうけて、新幹線にのって結婚後初の一人旅を実現させることになり …

下の子が生まれても、お兄ちゃんお姉ちゃんはまだ子供~幼児とお姉ちゃんのはざまで~

赤ちゃんが生まれると、上の子は何でも出来るように錯覚してしまうのは、私だけではないはず。 我が家では3番目のまき子が生まれてから、長女の美里は私の中では良き理解者、協力者。なんでも会話が通じて、しっか …