マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

おすすめの絵本 一覧

小紫家で人気の読み聞かせ絵本ナンバーワンは、やっぱりこれ。【ももんちゃんシリーズ】

投稿日:

先日、次女まき子と本屋さんへ行った時のこと。

「お母さん、ほら見て見て。」

彼女が指さす方向を見ると、ももんちゃんシリーズが陳列されていました。

そう!みんな大好き、ももんちゃん🍑

とよたかずひこさんの絵本です。とても可愛らしくほのぼのとするももんちゃんの絵本。

シンプルで字も少なく、赤ちゃん~幼児向けですが、実はうちの子は小学校に入っても大好きです。ずっとずっと見ているので本が少し汚れてしまっていますが。。。

ももんちゃんシリーズ とよた かずひこ/作・絵

今回は、どうしてももんちゃんはこんなに人をひきつけるのかを私なりの意見でまとめてみました。

ももんちゃんの本の魅力は、可愛いからだけじゃない。等身大のももんちゃんは、まるで自分。

ももんちゃんシリーズは、絵本の中でポロっと泣いたり、疲れたり、お風呂に入りすぎて真っ赤になったり。ももんちゃんのリアクションが「子供あるある」なので、とても親近感が持てる絵本です。読みきかせするお母さんもそれを聞いている子供も、すっと感情移入できるストーリーになっています。

つまり、本の伏線を意識して読むとか主人公の立場に立って読むとか、そんな小難しいことは一切とっぱらっちゃって、なんとなく聞いているだけでも、十分にきゅん♡と来るのです。頭で考えず感覚で癒されます。聞くだけで、赤ちゃんのいい匂いが漂ってくる錯覚に陥ります。

 

ももんちゃん(子供たち)はお母さんが大好き。という結論で一件落着な安心感。

ももんちゃんにはバラエティー豊かなお友達(人間じゃない)もたくさんいるし、みんなのことが大好きなのですが、やっぱり最後にお母さんのところに帰りたくなるところは、絵本を聞いている子供たちにとって大変共感できる部分なのではないでしょうか。

子供をぎゅっと抱きしめたい・甘えて来てほしいと思った時は、ぜひ読み聞かせてあげてください。読み終わった後、子供はほぼ間違いなくお母さんに甘えてきます。ももんちゃんみたいに甘えたい気持ちを態度で表してくれます。

 

ついでといってはなんですが、「最近主人とハグしてないわ。」という方は、ご主人に読み聞かせしてあげてください。きっとご主人は、、、、あれ?来ない。

 

ももんちゃんの世界は愛があふれています。

思いやり優しさをちゃんと持っているももんちゃんとお友達。「やさしい」なんて言葉は出てこなくても

私が好きなシーンは、ももんちゃんのほっぺが可愛いくていいにおいで、みんなももんちゃんのほっぺにすりすりしたくなるところで起きる事件。サボテンさんがすりすりしたら、とげがチクチクして、ももんちゃんが痛みを感じてしまうんです。思わず「いたっ」と声を上げるももんちゃんですが、皆さんだったらどうするでしょうか。

「いたっ!ちょっと~何するのよ。」「とげが刺さったじゃない。」

でしょうか。

でも、ももんちゃんはサボテンさんに怒ったりしません。サボテンさんは自分にいじわるをしたのではなくて、ももんちゃんを可愛がってくれていることをちゃ~んと知っているからです。もしここで泣いてしまったら、ほっぺが痛いことを気づかれてサボテンさんを心配させるし、とげがあることを非難することになってしまうと、子供心に感じている様子が伝わってきます。ももんちゃんはサボテンさんの前では泣くのをぐっとこらえます。そしてこらえてこらえて、お母さんのところへ行って、えーんえーんと泣くのです。

思いやり優しさをちゃんと持っているももんちゃんとお友達。「やさしい」なんて言葉は出てこなくても充分にそのことが伝わってくる素敵な絵本ですね。(「すりすりももんちゃん」より)

 

まとめ。赤ちゃんに限らず上の子にも読んであげたいシリーズ。まだまだ甘えていいんだよって、絵本を通して伝える気持ち。

まだ見たことがないという方は、ぜひ読んであげることをおすすめします。有名な絵本ですから、図書館に置いてあるところも多いと思います。本屋さんでもたくさんシリーズで出ていますので、まずは気に入った一冊をお家に置いてあげてほしいものです。そして、下の子が生まれて、お兄ちゃんお姉ちゃんになったきょうだいに、まだまだ甘えていいんだよという気持ちを込めて読んであげてください。

-おすすめの絵本, 一覧

執筆者:

関連記事

ベビーサインは赤ちゃんとの意思疎通を図る大切なコミュニケーション手段

ベビーサインとは、まだ会話の出来ない赤ちゃんとお母さんが身振り手振りで意思を伝える合う手段です。これってすごく便利。何しろ赤ちゃんと会話が出来るんですから!そして、その可愛らしいしぐさにみんなキュンキ …

どの子も世界で一番かわいく生まれてくるしお父さんお母さんも世界で一番かわいい子だったお話

わが子というのはかわいいものです(THE・主観)。 世界で一番かわいい顔をしていると思っています(THE・主観)。 「可愛いね~、お前は本当にかわいいね~。世界で一番かわいいね~。」と育てます。 それ …

子供の腸内環境についてのウンチクはひとまず置いておいて、おならが臭すぎるのに許せる件について

THE・おなら おならをすると眉をひそめられたり、君への愛情が一気に冷めたと言われたり、周囲の雰囲気が変な感じになったり、その場にいられなくなって立ち去ったり。うっかり出てしまって、いい思い出を持って …

子供というのは、叱らなくても反省するし、もう二度としないように気を付けようと思っている。また繰り返しちゃうけどね!

ある日の昼下がり。 子供たちが何やらやっています。仲良く顔を突き合わせて。なんの相談でしょうか。 微笑ましく思いながら傍にいくと・・・・     ぎょえ~~~~~~!! &nbsp …

トイレトレーニング?トレーニングしなくても、おむつは外れる

おむつが外れるタイミングは、みんな違います。 みんな違うと分かっちゃ~いるのに、一生懸命になってしまうのが親の性。   私『もう2歳だね、おむつ外してトイレでおしっこしようか!』 ケンタ『う …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ