マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧 言葉

幼児が自分で物に名前をつけた時の感動と、言葉を発する前から心の中で名付けているという発見

投稿日:2017年9月22日 更新日:

赤ちゃんの言葉の言い始めって、すごくかわいいですよね。

「わわ」なのか「わんわん」なのか、「まま」といったのか「まんま」とご飯を催促してるのか全く分かりませんが、とにかくかわいい。口から音が出ただけで、もうキュンキュンなのです。なんか言ったねー。かわいいねー。ですよ。なんか言えばいいんですよ、楽な稼業です。

 

さて、言葉がすこし遅かったうちの息子ケンタ。あまり多くを語らずひたすら親指をちゅっちゅ、ちゅっちゅとしゃぶっているような子でした。そのケンタが1歳9ヶ月の時、朝起きてきておもむろに私にこう言ったのです。

 

「コンコン ない」

 

は?何が無いって?

コンコンってなんだ?!

 

すると、今度は

 

「コンコンは?」

と、聞くのです。

コンコンは何処?と私に聞いているようなのですが、コンコンというものは我が家にはありません。でも、ケンタを見て気づいたのです。

 

いつも肌身離さず持っているお気に入りのタオルを持っていないということに。

その瞬間

 

 

ケンタはお気に入りのタオルに「コンコン」と命名していたということを悟りました。

 

言葉に出したのは初めてだったのですが、きっと心の中で「コンコン最高・・・・コンコン大好き」と思いながらいつも握りしめていたのでしょう。

 

このような出来事から考えると、幼児が言葉を発声するには、その前段階から自分の頭の中でこの物体はこういう名前、という認識がしっかり出来上がっているということになりますね。例えば、初めて「ママ」とお母さんを呼ぶ以前から、心の中ではお母さんのことを「ママ」と呼んでいたんだな、とか。

親が、しゃべらない子供を心配して「うちの子なかなかしゃべらないけど大丈夫かしら。」と思ってる場合でも、実はすでに心の中ではバンバン言葉を使っているわけです。ケンタがそうでした。

そんなことを考えると、まだ言葉を発してないから理解できていないと赤ちゃんを見くびっていてはいけませんね。ただ寝ているようでも、実はいろんなことを考えているかもしれません。

 

言葉が生み出される瞬間を垣間見たような感動は、あれから15年経った今でも忘れられません。

 

 

-一覧, 言葉

執筆者:

関連記事

no image

小紫家で人気の読み聞かせ絵本ナンバーワンは、やっぱりこれ。【ももんちゃんシリーズ】

先日、次女まき子と本屋さんへ行った時のこと。 「お母さん、ほら見て見て。」 彼女が指さす方向を見ると、ももんちゃんシリーズが陳列されていました。 そう!みんな大好き、ももんちゃん🍑 と …

子供の健やかな成長とともにお母さんも大きくなったよ(望まぬ成長)!

若い頃は試着をして服を買ったことはありませんでした。 【9号】と書いてあればちょうどよかった小紫ぶりじっとです。   体重との闘いは第一子を生んだ時から始まりました。 初めてのお産を経験し、 …

茶わん蒸しから学ぶ、人は見かけで判断するのは子供も同じ

独身時代はそれほど料理もしなかった私も、結婚して子供も出来て少しづつ作るようになってきました。子育ても落ち着いてきた頃、茶わん蒸しを作ってみました。子供たちにとっては、初めて食べる茶わん蒸しです。私自 …

何も考えていないのか策略なのか分からないが、子供の言葉にぐっときた瞬間

  「おかあさん大好き」     そんなことを、突然言われたらキュンと来ちゃいますね。 でも、 「お母さん大好き 実は買ってほしいおもちゃがあるんだけど」 って言われると …

お父さんがストレッチして痛い痛いっていうと、さらに強く押してくるよね~似たもの母娘~

歳を重ねると、身体が硬くなりますね。 年々身体が言うことをきかなくなるにつれ、ストレッチの大事さを痛感する今日この頃です。 特に私の場合は肩! 自分が若い頃、大人が四十肩とか騒いでいるのを聞き、別世界 …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索