マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧 虫と子供

男の子がみんなダンゴ虫を掴めるわけではないし、虫に残酷なことをして遊んでいた子供が大人になっても残酷なわけではない

投稿日:2017年8月8日 更新日:

ヒアリの日本上陸が話題となっている昨今。人類はアリによって滅亡する日が来るのでしょうか・・・。

 

なんかそんな感じのアリが襲う映画あったな~。(ちょっと興味あり)

 

 

うちの3人きょうだいの中で唯一の男の子、ケンタ。

男の子を育てるのって大変よ~と先輩ママ達から聞いていました。親を手こずらせるエピソードを色々聞いたのですが、中でも一番ビビったのが、ポケットにダンゴ虫を詰め込んで帰ってくるという話。その辺のちょっとした怖い話よりも完全にホラーです。想像してみてください。洗濯前にポケットの中に手を入れてティッシュとか入っていないか確認しようとした瞬間、ん?何か入ってる。石かな?ゴミかな?と思いつつ掴んで取り出し、手のひらを開いてみるとダンゴ虫だったら・・・という具体的なシチュエーションを。ああ、もうだめ。絶叫するわ。

 

幸い、うちのケンタは虫の苦手な子でした。私が子供の頃はバッタとか捕まえて遊んだものですが、そういうことすら出来ず。カマキリなんか見た日には完全に自分の手が食いちぎられるとでも思っていそうな勢い。

そんなケンタが、ある日自信たっぷりの顔で目をキラキラさせながら私に言いました。

 

『お母さん、僕アリには勝てるよ!』

 

 

ちっさ!!

 

 

そしてガンガン踏みつけてアリを潰しているではありませんか!

 

なんてことするの~、アリがかわいそうでしょう!

といいながら、自分が子供の頃、捕まえたトンボに糸でつないでたら、つなぐ場所がしっぽじゃなくて上のほうだった時は、頭部がぽろ・・・(以下略)とか、アリを分解したりとか、まあケンタとたいして変わらない(それ以上に)残酷なことをしていたのを思い出しました。子供ってなぜか残酷なことを平気でするんですよね。

 

 

そんなケンタも高校生になり、もちろんアリを潰すことは無くなりました。

私がハエを発見してハエ叩きを持って家の中を追いかけまわしていると、ケンタは窓を開けて誘導して外に逃がします。

 

 

なんか私がすごい極悪非道みたいなポジションになってる気がしてならない。

 

【教訓】

・大人になると自分の過去の行いは棚にあげて注意する役目がある

・命を大切にしなさいと言うけど、ハエには容赦ない私

・家族全員一致で蚊は退治したい(世界共通の願い)

-一覧, 虫と子供

執筆者:

関連記事

赤ちゃんの後追いが始まったら、たくさん後をつけさせて視線の中にいてあげる

赤ちゃんが自分の力で移動できるようになると、後追いが始まります。 ハイハイするずっとずっと前から、赤ちゃんはお母さんのことが大好きで、ちょっとでも顔が見えないと泣いていたのですが、今度は自分が移動して …

育児において父母が同じ内容の子育てをしているようであっても、子供のリアクションによって疲れ具合は違う

長女が3歳、長男が1歳くらいだったでしょうか。 私はその時期、仕事を辞めて子供たちの世話を全面的に見ていたのですが、東京に住む友達のお誘いをうけて、新幹線にのって結婚後初の一人旅を実現させることになり …

最近のパジャマはスタイリッシュだけど、私が子供の頃のパジャマはすごくパジャマらしかったが故の悲劇

過去の自分を振り返ると、だいたい子供に『どうしてそんなことするのっ!!』っていうことをしてたし、『何でできないの!』っていうことが全然できていなかった私です。皆さん、こんにちは。 この間ふと思い出した …

子供の健やかな成長とともにお母さんも大きくなったよ(望まぬ成長)!

若い頃は試着をして服を買ったことはありませんでした。 【9号】と書いてあればちょうどよかった小紫ぶりじっとです。   体重との闘いは第一子を生んだ時から始まりました。 初めてのお産を経験し、 …

部屋が散らかることが子供の成長の証

新生児の頃は、ハイハイはもちろん寝返りもできないので、部屋は散らかりません(親が散らかさない限り)。 数か月後、自分で動いたり、手で持って遊んだりできるようになると、部屋は戦場と化すわけです。 ティッ …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ