マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧 虫と子供

男の子がみんなダンゴ虫を掴めるわけではないし、虫に残酷なことをして遊んでいた子供が大人になっても残酷なわけではない

投稿日:2017年8月8日 更新日:

ヒアリの日本上陸が話題となっている昨今。人類はアリによって滅亡する日が来るのでしょうか・・・。

 

なんかそんな感じのアリが襲う映画あったな~。(ちょっと興味あり)

 

 

うちの3人きょうだいの中で唯一の男の子、ケンタ。

男の子を育てるのって大変よ~と先輩ママ達から聞いていました。親を手こずらせるエピソードを色々聞いたのですが、中でも一番ビビったのが、ポケットにダンゴ虫を詰め込んで帰ってくるという話。その辺のちょっとした怖い話よりも完全にホラーです。想像してみてください。洗濯前にポケットの中に手を入れてティッシュとか入っていないか確認しようとした瞬間、ん?何か入ってる。石かな?ゴミかな?と思いつつ掴んで取り出し、手のひらを開いてみるとダンゴ虫だったら・・・という具体的なシチュエーションを。ああ、もうだめ。絶叫するわ。

 

幸い、うちのケンタは虫の苦手な子でした。私が子供の頃はバッタとか捕まえて遊んだものですが、そういうことすら出来ず。カマキリなんか見た日には完全に自分の手が食いちぎられるとでも思っていそうな勢い。

そんなケンタが、ある日自信たっぷりの顔で目をキラキラさせながら私に言いました。

 

『お母さん、僕アリには勝てるよ!』

 

 

ちっさ!!

 

 

そしてガンガン踏みつけてアリを潰しているではありませんか!

 

なんてことするの~、アリがかわいそうでしょう!

といいながら、自分が子供の頃、捕まえたトンボに糸でつないでたら、つなぐ場所がしっぽじゃなくて上のほうだった時は、頭部がぽろ・・・(以下略)とか、アリを分解したりとか、まあケンタとたいして変わらない(それ以上に)残酷なことをしていたのを思い出しました。子供ってなぜか残酷なことを平気でするんですよね。

 

 

そんなケンタも高校生になり、もちろんアリを潰すことは無くなりました。

私がハエを発見してハエ叩きを持って家の中を追いかけまわしていると、ケンタは窓を開けて誘導して外に逃がします。

 

 

なんか私がすごい極悪非道みたいなポジションになってる気がしてならない。

 

【教訓】

・大人になると自分の過去の行いは棚にあげて注意する役目がある

・命を大切にしなさいと言うけど、ハエには容赦ない私

・家族全員一致で蚊は退治したい(世界共通の願い)

-一覧, 虫と子供

執筆者:

関連記事

部屋が散らかることが子供の成長の証

新生児の頃は、ハイハイはもちろん寝返りもできないので、部屋は散らかりません(親が散らかさない限り)。 数か月後、自分で動いたり、手で持って遊んだりできるようになると、部屋は戦場と化すわけです。 ティッ …

予防接種から見る子供の性格・大声で泣き叫んでいる子の親の背中は汗びっしょり

子供が生まれてから数年間は、予防接種が忙しいと感じる方もいらっしゃるかと思います。 摂取後に次の予防接種のタイミングはこのくらいよ~って病院で目安言われて、自分のスケジュールと照らし合わせながら予定組 …

今日は父の日。お父さんに叱られた時のわが子のリアクションを紹介

子供が親に注意された時のリアクション みんなの話を聞くと家庭によって父親母親の役割が違うので、いろんなバリエーションがあって興味深いですね。 『うちはパパが甘々で絶対叱らないから私が叱るのよ。だからい …

どの子も世界で一番かわいく生まれてくるしお父さんお母さんも世界で一番かわいい子だったお話

わが子というのはかわいいものです(THE・主観)。 世界で一番かわいい顔をしていると思っています(THE・主観)。 「可愛いね~、お前は本当にかわいいね~。世界で一番かわいいね~。」と育てます。 それ …

『かわいい子には旅をさせろ』と『親の心子知らず』の小学校生活

幼稚園・保育園で送り迎えの日々をしてきた我が子が小学校に入学すると、いろんなことが心配です。特に下校時間になると、そわそわ。車に気を付けて歩いているか、お友達と仲良く帰れているか、ケガなどしていないか …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索