マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

部屋が散らかることが子供の成長の証

投稿日:2017年3月31日 更新日:

新生児の頃は、ハイハイはもちろん寝返りもできないので、部屋は散らかりません(親が散らかさない限り)。

数か月後、自分で動いたり、手で持って遊んだりできるようになると、部屋は戦場と化すわけです。

ティッシュは空になるまで一枚ずつシュッシュッシュッ(無言の作業。集中して静か過ぎるから親は気づかない)、おむつは全て袋から出され、元に戻す気力すらありません。畳んでしまう予定だった洗濯物には、すでによだれ爆弾は投下されてるし、ある日突然無くなってしまったポイントカードはDVDデッキの中で発見されるのが世の定め。

触ってほしくないものは、手の届かない上へ上へと置いていくので、棚の上部はおしゃれに写真や花を飾るどころではなくなります。そうです。新婚当時のおしゃれに飾られた内装は、あれほど独身時代は嫌だったキャラクターにまみれに。

ご多分に漏れず我が家もそんな日常を送っている頃、遠くに住んでいる夫の祖母から電話が来ました。

3人目が生まれて大変でしょう、大丈夫?というような労いの内容。

普段あまり会うこともない私を、家事・片付けをしっかりする大変頑張り屋な嫁だと思っていた様子。

「あまり無理しないでね。少しくらい埃があっても子どもは死なないから。」

と、私を気遣います。掃除もそんなにしなくていいんだよ、その時間をゆっくり休めばいいよと。

 

 

 

すでに散らかっていました。

 

 

 

 

結婚した頃は、赤ちゃんがいるきれいなお部屋を夢みていました。当初ニトリの小モデルルームを目指していたにも関わらず、ふと気が付くとデパートにあるキッズスペースみたいなお部屋です。すごい劇的ビフォーアフター!

でも、大切なことに気づきました。遊ぶものを部屋いっぱいひっぱりだしながら、子供たちの頭の中では、すごい空想の世界が広がっているということに。一見、今遊んでいることに関係ないものが出しっぱなしだとしても、それは子供の中ではつながっていたりするのです。(つながってなくて、単なる出しっぱなしってこともいっぱいあるけどね!)

【教訓】

・散らかった部屋に動じない強靭な精神を親は持つべし。

・急に人が来ると連絡があって、お母さんが鬼の様相で片づけてると、子どもは散らかさない(何か察する)。

-未分類

執筆者:

関連記事

赤ちゃんがよく泣くから、育児に疲れているというお母さんへ

まずは泣く生き物という認識をもつ 赤ちゃんは泣きます。生まれてすぐに。泣かないと心配ですよね。その時の赤ちゃんは悲しくないです。肺に酸素が入ってきて、思いっきり呼吸をしています。泣くという行動は、遺伝 …

【入園式】入園を待ち焦がれていたのは他でもない私だった(本人興味なし)

ケンタは5歳(年中さん)から幼稚園へ入園しました。 お姉ちゃんの美里が小学校へ上がり、ケンタは幼稚園です。 美里が小学校入学のタイミングで引っ越しをしたので、新しい土地での幼稚園でした。   …

下の子が生まれても、お兄ちゃんお姉ちゃんはまだ子供~幼児とお姉ちゃんのはざまで~

赤ちゃんが生まれると、上の子は何でも出来るように錯覚してしまうのは、私だけではないはず。 我が家では3番目のまき子が生まれてから、長女の美里は私の中では良き理解者、協力者。なんでも会話が通じて、しっか …

子供の寝顔はどうしてこんなにかわいいのかと眺めているとたまに聞ける寝言もいとおかし

皆さんは寝言をよく言いますか?家族の寝言を聞いたことがありますか?   母から聞いた話では、小さい頃の私は『寝言』ではなくて『寝ぼける』ことが多かったようです。寝ているはずの私が階段を下りて …

赤ちゃんの後追いが始まったら、たくさん後をつけさせて視線の中にいてあげる

赤ちゃんが自分の力で移動できるようになると、後追いが始まります。 ハイハイするずっとずっと前から、赤ちゃんはお母さんのことが大好きで、ちょっとでも顔が見えないと泣いていたのですが、今度は自分が移動して …