マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

ある日の出来事 一覧

お墓で撮った記念写真で、息子がカメラの方を向いていない件

投稿日:2017年6月24日 更新日:

そう、あれは12年前の夏のことでございます。

祖母のお墓参りへ行った歳、当時3歳だった息子に始めて線香を持たせてみようと思いました。

だいぶ人の話を聞いて理解できるようになっていたので、線香の先が熱いという説明も当然理解してくれるだろうと思ってのことです。

 

『お線香の先は火がついてて熱いから、絶対触っちゃだめだよ。』

『うん、わかった!』

自分で持ってみたかったケンタはすごくうれしそうでニコニコしています。そして、なんの躊躇もなく、

 

 

線香の先端を親指と人差し指で・・・・

 

 

 

 

じゅ・・・(掴んだ)

 

 

 

 

 

私もそんなアホなことをした経験がありませんので、それがどのくらい熱いのかは分かりませんが、まあ熱かったことは間違いないでしょう。

彼は声も出ないくらい驚き、

その後泣いていたという。

 

どうして、そこ持った?

 

【教訓】

・だめだよ、と言われてもさほどだめだと思っていない

・やってはいけないと言われると、余計に気になってやってしまう

・身をもって体験することが一番効果がある

 

-ある日の出来事, 一覧

執筆者:

関連記事

【せんたくかあちゃん】大量に溜まった洗濯物を洗わなければならないのに仕事と家事と育児に疲れて元気が出ない時に読む絵本

赤ちゃんが生まれたとたんに増える洗濯の山 子供がいると、洗濯の量が半端なく多いです。 赤ちゃんは小さいんだから、服も小さくて簡単でしょ、なんて思ってたら大間違い。洗濯の量は大人以上です。 嘔吐・おしっ …

育児において父母が同じ内容の子育てをしているようであっても、子供のリアクションによって疲れ具合は違う

長女が3歳、長男が1歳くらいだったでしょうか。 私はその時期、仕事を辞めて子供たちの世話を全面的に見ていたのですが、東京に住む友達のお誘いをうけて、新幹線にのって結婚後初の一人旅を実現させることになり …

育児、それは怪我との戦い〜青あざを作って頑張るお母さんたちへのエール〜

寝たきりだった赤ちゃんが、寝がえりやお座りをできるようになると嬉しいものです。寝返りを今か今かと待ちながらずっと見ていられるのも赤ちゃんの魅力。可愛すぎてずっと見ちゃいます。それと同時に、動けるように …

子供の泣いている理由が分からずに戸惑ってると、実はたいした理由がなかったりする罠

赤ちゃんの時、毎日30分に一回くらい泣いていた息子ケンタが、高校生になって泣いていません(当たり前か・・・)。   それはそうと、末っ子まき子ちゃんもよく泣く子でした。でもおっぱい大好きっ子 …

美容目的でヒルドイドクリームを塗ることが流行ったから医薬品から外されるかもいう騒ぎについて

まき子よ、お前もクリームを肌に塗ってきれいになれると思っている一人では? 自分の言ったことの矛盾点に全く気付かずに、ニベア押しのどや顔の次女にクスッと笑った親バカな私です。みなさん、どうもこんにちは。 …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索