マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

ある日の出来事 一覧

お墓で撮った記念写真で、息子がカメラの方を向いていない件

投稿日:2017年6月24日 更新日:

そう、あれは12年前の夏のことでございます。

祖母のお墓参りへ行った歳、当時3歳だった息子に始めて線香を持たせてみようと思いました。

だいぶ人の話を聞いて理解できるようになっていたので、線香の先が熱いという説明も当然理解してくれるだろうと思ってのことです。

 

『お線香の先は火がついてて熱いから、絶対触っちゃだめだよ。』

『うん、わかった!』

自分で持ってみたかったケンタはすごくうれしそうでニコニコしています。そして、なんの躊躇もなく、

 

 

線香の先端を親指と人差し指で・・・・

 

 

 

 

じゅ・・・(掴んだ)

 

 

 

 

 

私もそんなアホなことをした経験がありませんので、それがどのくらい熱いのかは分かりませんが、まあ熱かったことは間違いないでしょう。

彼は声も出ないくらい驚き、

その後泣いていたという。

 

どうして、そこ持った?

 

【教訓】

・だめだよ、と言われてもさほどだめだと思っていない

・やってはいけないと言われると、余計に気になってやってしまう

・身をもって体験することが一番効果がある

 

-ある日の出来事, 一覧

執筆者:

関連記事

予防接種から見る子供の性格・大声で泣き叫んでいる子の親の背中は汗びっしょり

子供が生まれてから数年間は、予防接種が忙しいと感じる方もいらっしゃるかと思います。 摂取後に次の予防接種のタイミングはこのくらいよ~って病院で目安言われて、自分のスケジュールと照らし合わせながら予定組 …

赤ちゃんの後追いが始まったら、たくさん後をつけさせて視線の中にいてあげる

赤ちゃんが自分の力で移動できるようになると、後追いが始まります。 ハイハイするずっとずっと前から、赤ちゃんはお母さんのことが大好きで、ちょっとでも顔が見えないと泣いていたのですが、今度は自分が移動して …

部屋が散らかることが子供の成長の証

新生児の頃は、ハイハイはもちろん寝返りもできないので、部屋は散らかりません(親が散らかさない限り)。 数か月後、自分で動いたり、手で持って遊んだりできるようになると、部屋は戦場と化すわけです。 ティッ …

男の子がみんなダンゴ虫を掴めるわけではないし、虫に残酷なことをして遊んでいた子供が大人になっても残酷なわけではない

ヒアリの日本上陸が話題となっている昨今。人類はアリによって滅亡する日が来るのでしょうか・・・。   なんかそんな感じのアリが襲う映画あったな~。(ちょっと興味あり)   &nbsp …

子供のしゃべり始めの言い間違いや聞き間違いは、かわいすぎて完全保存版すべきネタの宝庫

言葉を覚え始めた子供の言い間違いというのは本当に面白い。 聞こえたままに感覚でどんどん言います。   聴くんじゃない!感じるんだ!   そんな子供たちの魂の叫びが聞こえてきそう。 …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索