マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

子供の泣いている理由が分からずに戸惑ってると、実はたいした理由がなかったりする罠

投稿日:

赤ちゃんの時、毎日30分に一回くらい泣いていた息子ケンタが、高校生になって泣いていません(当たり前か・・・)。

 

それはそうと、末っ子まき子ちゃんもよく泣く子でした。でもおっぱい大好きっ子だったので、おっぱいさえチラつかせれば秒で泣きやむお気楽さ。がしかし、それもおっぱいを飲んでいた1歳までです。そのあとはどうしたかというと、

 

 

チョコの存在をチラつかせる(*まき子の大好物)

 

 

『数秒前までの悲しみはどこへ?』

と驚くほど泣き止みます。急に泣き止むことへの後ろめたさもなく、ポジティブ過ぎて感動すら覚えます。

 

ちょっとしたキッカケで泣き止む程度のことでも、〔この世の地獄〕〔私の人生お先真っ暗〕みたいな顔で泣くので、毎回騙されなようにしようと思いつつ、泣かれると結局オロオロしてた自分。今はもう子供たちも大きくなってしまったので、泣いているのを見る機会もすっかり減りました。むしろ滅多に泣かないのに泣かれると、よほどの事があったんだな、と余計に心配になってしまう。母親というのは、子供がいくつになっても心配しつづけるのだな~、うんうん。

 

【教訓】

・大した理由じゃないだろうと思いつつも心配してしまう、母というのはそういう生き物

・期待したチョコが無いと分かった瞬間さらに泣く

・チョコが食べたいから泣いてみる、という発想はない

 

-未分類

執筆者:

関連記事

子供の寝顔はどうしてこんなにかわいいのかと眺めているとたまに聞ける寝言もいとおかし

皆さんは寝言をよく言いますか?家族の寝言を聞いたことがありますか?   母から聞いた話では、小さい頃の私は『寝言』ではなくて『寝ぼける』ことが多かったようです。寝ているはずの私が階段を下りて …

下の子が生まれても、お兄ちゃんお姉ちゃんはまだ子供~幼児とお姉ちゃんのはざまで~

赤ちゃんが生まれると、上の子は何でも出来るように錯覚してしまうのは、私だけではないはず。 我が家では3番目のまき子が生まれてから、長女の美里は私の中では良き理解者、協力者。なんでも会話が通じて、しっか …

今日は父の日。お父さんに叱られた時のわが子のリアクションを紹介

子供が親に注意された時のリアクション みんなの話を聞くと家庭によって父親母親の役割が違うので、いろんなバリエーションがあって興味深いですね。 『うちはパパが甘々で絶対叱らないから私が叱るのよ。だからい …

何も考えていないのか策略なのか分からないが、子供の言葉にぐっときた瞬間

  「おかあさん大好き」     そんなことを、突然言われたらキュンと来ちゃいますね。 でも、 「お母さん大好き 実は買ってほしいおもちゃがあるんだけど」 って言われると …

ひとりで起きてお母さんにパンを出してくれた心優しい娘はその後どうなったか

小紫家の子供は三人います。 現在はみんな大きくなり、高校生が二人と小学生が一人。   子供たちはすくすくと育っています。   長女の美里は2歳になる1ヵ月前にお姉ちゃんに 2歳の誕 …