マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧 育児

子供の腸内環境についてのウンチクはひとまず置いておいて、おならが臭すぎるのに許せる件について

投稿日:2018年6月20日 更新日:

THE・おなら

おならをすると眉をひそめられたり、君への愛情が一気に冷めたと言われたり、周囲の雰囲気が変な感じになったり、その場にいられなくなって立ち去ったり。うっかり出てしまって、いい思い出を持っている人はあまりいないのではないでしょうか。
でも、おならをしても「かわいい」と言われる特権階級の人もいます。どんな人かというと・・・・それはもちろん

 

 

我が子

 

 

我が子といっても特に赤ちゃんのおならは、待遇が違います。
「ちょっといまの聞いた?!聞いた?!」(大人と同じ普通のおなら音)

「今のおなら、かわいい~。」(私もしてるけど、かわいいと言われたことないよ)

「おなら出まちたね~。おりこうさんでしゅね~」(いいな~、褒められるんだ)

 

なんなんでしょうか、小さい子のおならの異常な可愛いさは。
多分私の推測ですが、それはおならの性質にあると思います。というのも、おならに関していえば、生まれた瞬間から音も匂いも大人と対等という点で、赤ちゃんのほかの行動とは違うということです。他の行動が、ある種の赤ちゃんらしさ、未熟さを持ち合わせているのに対して、おならは生まれた瞬間から完成されているのです。つまり、こんな小さな可愛らしい赤ちゃんから、お父さんと同じような爆音と匂いのおならを放つというキャップに萌えるのでしょう。

それゆえ、腹も立ちませんし、愛おしさすら感じます。

 

そして現在進行形で子育て真っ最中&我が子のおならをこよなく愛するご両親に伝えたいことがあります。あまりにもおならを称賛しすぎて、「自分のおならは神、みんなが喜ぶ」と勘違いして育たないように、そこだけはくれぐれもご注意願います。

 

【教訓】
・小さい子が大人と同じことをすればするほど可愛いく感じる
・お父さんの酒のつまみを横からつまみ食いして「おいおい、将来酒飲みか~?」と喜ぶのも同じ心理
・しかし実際飲んだくれの大人に育つことは望んでいない

-一覧, 育児

執筆者:

関連記事

子供の健やかな成長とともにお母さんも大きくなったよ(望まぬ成長)!

若い頃は試着をして服を買ったことはありませんでした。 【9号】と書いてあればちょうどよかった小紫ぶりじっとです。   体重との闘いは第一子を生んだ時から始まりました。 初めてのお産を経験し、 …

【入園式】入園を待ち焦がれていたのは他でもない私だった(本人興味なし)

ケンタは5歳(年中さん)から幼稚園へ入園しました。 お姉ちゃんの美里が小学校へ上がり、ケンタは幼稚園です。 美里が小学校入学のタイミングで引っ越しをしたので、新しい土地での幼稚園でした。   …

育児、それは怪我との戦い〜青あざを作って頑張るお母さんたちへのエール〜

寝たきりだった赤ちゃんが、寝がえりやお座りをできるようになると嬉しいものです。寝返りを今か今かと待ちながらずっと見ていられるのも赤ちゃんの魅力。可愛すぎてずっと見ちゃいます。それと同時に、動けるように …

きょうだい同士は何故もこんなにシンパシーを感じるのだろうか?謎の言葉も解読できるきょうだいの絆

末っ子まき子ちゃんが1歳を過ぎ、たどたどしく単語で会話できるようになった時のお話。   上の子たちは子供部屋のある二階で遊んでいましたが、まだ目が離せない小さなまき子ちゃんは私と一緒にリビン …

トイレトレーニング?トレーニングしなくても、おむつは外れる

おむつが外れるタイミングは、みんな違います。 みんな違うと分かっちゃ~いるのに、一生懸命になってしまうのが親の性。   私『もう2歳だね、おむつ外してトイレでおしっこしようか!』 ケンタ『う …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ