マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

子供の腸内環境についてのウンチクはひとまず置いておいて、おならが臭すぎるのに許せる件について

投稿日:

THE・おなら

おならをすると眉をひそめられたり、君への愛情が一気に冷めたと言われたり、周囲の雰囲気が変な感じになったり、その場にいられなくなって立ち去ったり。うっかり出てしまって、いい思い出を持っている人はあまりいないのではないでしょうか。
でも、おならをしても「かわいい」と言われる特権階級の人もいます。どんな人かというと・・・・それはもちろん

 

 

我が子

 

 

我が子といっても特に赤ちゃんのおならは、待遇が違います。
「ちょっといまの聞いた?!聞いた?!」(大人と同じ普通のおなら音)

「今のおなら、かわいい~。」(私もしてるけど、かわいいと言われたことないよ)

「おなら出まちたね~。おりこうさんでしゅね~」(いいな~、褒められるんだ)

 

なんなんでしょうか、小さい子のおならの異常な可愛いさは。
多分私の推測ですが、それはおならの性質にあると思います。というのも、おならに関していえば、生まれた瞬間から音も匂いも大人と対等という点で、赤ちゃんのほかの行動とは違うということです。他の行動が、ある種の赤ちゃんらしさ、未熟さを持ち合わせているのに対して、おならは生まれた瞬間から完成されているのです。つまり、こんな小さな可愛らしい赤ちゃんから、お父さんと同じような爆音と匂いのおならを放つというキャップに萌えるのでしょう。

それゆえ、腹も立ちませんし、愛おしさすら感じます。

 

そして現在進行形で子育て真っ最中&我が子のおならをこよなく愛するご両親に伝えたいことがあります。あまりにもおならを称賛しすぎて、「自分のおならは神、みんなが喜ぶ」と勘違いして育たないように、そこだけはくれぐれもご注意願います。

 

【教訓】
・小さい子が大人と同じことをすればするほど可愛いく感じる
・お父さんの酒のつまみを横からつまみ食いして「おいおい、将来酒飲みか~?」と喜ぶのも同じ心理
・しかし実際飲んだくれの大人に育つことは望んでいない

-未分類

執筆者:

関連記事

何も考えていないのか策略なのか分からないが、子供の言葉にぐっときた瞬間

  「おかあさん大好き」     そんなことを、突然言われたらキュンと来ちゃいますね。 でも、 「お母さん大好き 実は買ってほしいおもちゃがあるんだけど」 って言われると …

部屋が散らかることが子供の成長の証

新生児の頃は、ハイハイはもちろん寝返りもできないので、部屋は散らかりません(親が散らかさない限り)。 数か月後、自分で動いたり、手で持って遊んだりできるようになると、部屋は戦場と化すわけです。 ティッ …

おもちゃ売り場で子どもが泣く理由はこれだ!

おもちゃ売り場で駄々をこねてる子どもを見かけます。 ご多分に漏れず、我が家の子供たち(特に息子)も、相当駄々をこねました。床に這いつくばって・・・。地獄の底から這いあがってくるようなあのポーズは、親と …

虫が苦手な子のリアクション、ならびにお父さんのダジャレにそっけないリアクション

うちの娘は虫が嫌いです。 かなり小さい頃から虫嫌いアピールをしていました。   あれはたしか2歳前だったでしょうか。 ご飯を食べていたら突如泣きだしました。 大声でぎゃ~ぎゃ~泣くので、何か …

茶わん蒸しから学ぶ、人は見かけで判断するのは子供も同じ

独身時代はそれほど料理もしなかった私も、結婚して子供も出来て少しづつ作るようになってきました。子育ても落ち着いてきた頃、茶わん蒸しを作ってみました。子供たちにとっては、初めて食べる茶わん蒸しです。 ち …