マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

子供の腸内環境についてのウンチクはひとまず置いておいて、おならが臭すぎるのに許せる件について

投稿日:

THE・おなら

おならをすると眉をひそめられたり、君への愛情が一気に冷めたと言われたり、周囲の雰囲気が変な感じになったり、その場にいられなくなって立ち去ったり。うっかり出てしまって、いい思い出を持っている人はあまりいないのではないでしょうか。
でも、おならをしても「かわいい」と言われる特権階級の人もいます。どんな人かというと・・・・それはもちろん

 

 

我が子

 

 

我が子といっても特に赤ちゃんのおならは、待遇が違います。
「ちょっといまの聞いた?!聞いた?!」(大人と同じ普通のおなら音)

「今のおなら、かわいい~。」(私もしてるけど、かわいいと言われたことないよ)

「おなら出まちたね~。おりこうさんでしゅね~」(いいな~、褒められるんだ)

 

なんなんでしょうか、小さい子のおならの異常な可愛いさは。
多分私の推測ですが、それはおならの性質にあると思います。というのも、おならに関していえば、生まれた瞬間から音も匂いも大人と対等という点で、赤ちゃんのほかの行動とは違うということです。他の行動が、ある種の赤ちゃんらしさ、未熟さを持ち合わせているのに対して、おならは生まれた瞬間から完成されているのです。つまり、こんな小さな可愛らしい赤ちゃんから、お父さんと同じような爆音と匂いのおならを放つというキャップに萌えるのでしょう。

それゆえ、腹も立ちませんし、愛おしさすら感じます。

 

そして現在進行形で子育て真っ最中&我が子のおならをこよなく愛するご両親に伝えたいことがあります。あまりにもおならを称賛しすぎて、「自分のおならは神、みんなが喜ぶ」と勘違いして育たないように、そこだけはくれぐれもご注意願います。

 

【教訓】
・小さい子が大人と同じことをすればするほど可愛いく感じる
・お父さんの酒のつまみを横からつまみ食いして「おいおい、将来酒飲みか~?」と喜ぶのも同じ心理
・しかし実際飲んだくれの大人に育つことは望んでいない

-未分類

執筆者:

関連記事

【入園式】入園を待ち焦がれていたのは他でもない私だった(本人興味なし)

ケンタは5歳(年中さん)から幼稚園へ入園しました。 お姉ちゃんの美里が小学校へ上がり、ケンタは幼稚園です。 美里が小学校入学のタイミングで引っ越しをしたので、新しい土地での幼稚園でした。   …

家庭内の秘密ごとは、かなり外に漏れているということを念頭に置かなければならない~犯人は子ども~

昨夜の夕ご飯にハヤシライスを作りながら、長女が小学校の時に書いた作文を思い出した私です。 ちなみにハヤシライスとハッシュドビーフの違いが分かりません。   たいてい秘密にしたい家庭の恥ずかし …

お母さんが産休・育休を始めたらお父さんにしてほしいこと

出産後、体を回復させるためにお母さんは数週間安静、休養をします。 実際は、休むといっても赤ちゃんがいるわけですから、休みなんてありません。お世話してあやして、洗濯物は増えるし、その上母乳やミルクを3、 …

きょうだいが仲良く育つために

きょうだいは仲が良いほうがいいです。 学校が夏休みになって、親が『早く学校が始まってほしい』と思う理由ナンバー1は、ずばり【子供達が毎日ケンカしてうるさいから】(ソースは小紫ブリジットの井戸端会議)。 …

育児、それは怪我との戦い〜青あざを作って頑張るお母さんたちへのエール〜

寝たきりだった赤ちゃんが、寝がえりやお座りをできるようになると嬉しいものです。寝返りを今か今かと待ちながらずっと見ていられるのも赤ちゃんの魅力。可愛すぎてずっと見ちゃいます。それと同時に、動けるように …