マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

ある日の出来事 一覧 育児

ひとりで起きてお母さんにパンを出してくれた心優しい娘はその後どうなったか

投稿日:

小紫家の子供は三人います。

現在はみんな大きくなり、大学生と高校生と中学生。

 

子供たちはすくすくと育っています。

 

長女の美里は2歳になる1ヵ月前にお姉ちゃんに

2歳の誕生日にはすでに『お姉ちゃん』だった美里。6歳の時には妹も生まれ、本当に彼女が私にべったり甘えることが出来たのは2年間弱だったのかな、と今頃になってしんみり思います。

2~3歳になると、なんでも自分でやりたがるようになってきます。一人でちゃんと出来ればもちろん助かるのですが、自分でやりたがる割には上手く出来ないのが幼児の『自分でやる宣言』

『ああ、もうお母さんがするからいいよ!』

『やだ~~~。じうんで!じうんで!』(じうんで=じぶんで)

みたいな日常の繰り返し。

 

 

そんな時ふと思ったのが、

自分でトーストを焼いて食べてくれるとお母さんは助かる!

カリカリッと焼いたトーストが好きだった娘に、トースターでパンを焼く手順を教えてみました。自分でお料理、というシチュエーションに相当喜んでいました。

翌日の朝(いえ、あれままだ薄暗い夜明け・・・・)

美里『お母さん、起きて起きて!ねえ、ちょっとこっち来て~』

まだ眠い私『どうしたの?』

寝ぼけまなこで居間に行くと・・・・

 

 

テーブルの上には食パンが一枚(トースト済み)お皿の上に載っているではありませんか!

 

『お母さんに作ったよ!!!』

 

ああ、なんて素晴らしい。感動の嵐です。

12月の早朝、寒すぎて耐えられない居間。もちろんストーブはまだ誰もつけていません。美里は寒いと思わなかったのだろうか?子供のパワーってすごいです。

 

あれから15年の月日が流れ・・・・

そして、『お母さんに作ったよ!』と得意気に起こしてくれたあの日以来一度も私にパンを焼いてくれたことはありません。ですがあれ以来、よく自分でパンを焼いて食べる子に成長しました。お腹がすけばトースターで焼いてます。夜食にも焼いているようです。朝起きるとパンが消えてますからおそらく犯人は彼女でしょう。18歳になった今もカリカリに焼いてバターを塗ったパンが大好きです。

他にも小さい頃には私のする家事を見て、自分で自分で!!と騒いでいて、どれほどお手伝いが好きな子に成長するのかと期待したのですが、年齢とともに

・野菜切ってみたい

・お洗濯干してみたい

・掃除機かけてみたい

・お洋服たたんでみたい

などなど、何一つしなくなったこともご報告いたします。。。。

 

【教訓】

・なんでもやりたがる時期は、やらせてもまともに出来ない

・親がやったほうが早いけど、そこは我慢

・まともに出来るような歳になると、やろうとしない

-ある日の出来事, 一覧, 育児

執筆者:

関連記事

子供のしゃべり始めの言い間違いや聞き間違いは、かわいすぎて完全保存版すべきネタの宝庫

言葉を覚え始めた子供の言い間違いというのは本当に面白い。 聞こえたままに感覚でどんどん言います。   聴くんじゃない!感じるんだ!   そんな子供たちの魂の叫びが聞こえてきそう。 …

子供の健やかな成長とともにお母さんも大きくなったよ(望まぬ成長)!

若い頃は試着をして服を買ったことはありませんでした。 【9号】と書いてあればちょうどよかった小紫ぶりじっとです。   体重との闘いは第一子を生んだ時から始まりました。 初めてのお産を経験し、 …

トイレでうんちが出来るようになるまでの子供たちのそれぞれ

6月になり、暖かい日が増えてきました。この時期、トイレトレーニングをそろそろ始めようかな、という子育て中のお母さんは多いと思います。ということで、今回書くのはうちの子達のうんちトレーニングの話。 子供 …

子供の寝顔はどうしてこんなにかわいいのかと眺めているとたまに聞ける寝言もいとおかし

皆さんは寝言をよく言いますか?家族の寝言を聞いたことがありますか?   母から聞いた話では、小さい頃の私は『寝言』ではなくて『寝ぼける』ことが多かったようです。寝ているはずの私が階段を下りて …

茶わん蒸しから学ぶ、人は見かけで判断するのは子供も同じ

独身時代はそれほど料理もしなかった私も、結婚して子供も出来て少しづつ作るようになってきました。子育ても落ち着いてきた頃、茶わん蒸しを作ってみました。子供たちにとっては、初めて食べる茶わん蒸しです。私自 …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ