マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

トイレでうんちが出来るようになるまでの子供たちのそれぞれ

投稿日:

5月も半ば、暖かい日が増えてきました。この時期、トイレトレーニングをそろそろ始めようかな、という子育て中のお母さんは多いと思います。ということで、今回書くのはうちの子達のうんちトレーニングの話。

子供の数だけトレーニングの出来事があります。うんちはおしっこと違って、便意を催し始めてから【我慢する時間】・【いきむ時間】があり、その間に様々な人間模様が繰り広げられます。性格によってもトレーニングの仕方は全く違うものになります。どの子にも共通しているのは、うーんうーんと踏ん張る姿がかわいいという点。親の愛というのはうんちすら美化してしまいます。ホント怖い(笑)。

 

長女:便意を催すと必ずテレビの後ろに隠れる

長女は指定の場所に移動するタイプ。うんちしたいんだな、というのが一目瞭然。便意以外はテレビの後ろに行かないので、トイレに連れていくタイミングも大変分かりやすいものでした。

「あ!うんちだね。トイレに行こう!」と誘うと、そこから連れ出されるのを嫌がり最初はかなり泣きました。それでも何度か繰り返すうちにおむつにしなくなりました。トイレにする快感を覚えたら最後、おむつには戻れなくなったのでしょう。。。。

 

長男:人目を避け、踏ん張っているところを見せない

親の監視怠慢と言われればそれまでですが、1歳を過ぎて歩き回る息子がおつむに用をたしているところを見たことがありません。一体どこでどのタイミングでしていたのでしょう。謎は深まるばかりです。親の目の届かないところでひっそり、というのが彼なりの作法なのでしょう。結果、おむつが外れるのが異常に遅かったのですが、逆に自分から外すと決めてからはアッという間に出来るようになりました。

 

次女:甘えん坊で「いつも私だけを見ていて」

うんちがしたくなると私のところに来てするという強者。よちよちと私の方へ歩いてきて、おもむろに私の両肩に手をかけます。そして私の目をじっと見つめながら踏ん張ります。可笑しくて笑いそうになりますが、なにしろ相手は真剣ですから、こちらも必死で笑いをこらえました。

そんなおかげで、かなり早い段階からトイレに連れていくことが出来た次女でした。ですが小学校高学年の今でも『トイレに一緒に行こう!』って誘ってくるので、トイレの引率からはまだまだ卒業できそうにないな~。

 

【教訓】

・うんちトレーニングは子供の性格によってパターンが違う

・見せない子教えない子見せたい子人生いろいろ

・我が子のうんちは汚いと思わないが、他人から見たら十分にうんこ

-未分類

執筆者:

関連記事

何も考えていないのか策略なのか分からないが、子供の言葉にぐっときた瞬間

  「おかあさん大好き」     そんなことを、突然言われたらキュンと来ちゃいますね。 でも、 「お母さん大好き 実は買ってほしいおもちゃがあるんだけど」 って言われると …

ひとりで起きてお母さんにパンを出してくれた心優しい娘はその後どうなったか

小紫家の子供は三人います。 現在はみんな大きくなり、高校生が二人と小学生が一人。   子供たちはすくすくと育っています。   長女の美里は2歳になる1ヵ月前にお姉ちゃんに 2歳の誕 …

子供の泣いている理由が分からずに戸惑ってると、実はたいした理由がなかったりする罠

赤ちゃんの時、毎日30分に一回くらい泣いていた息子ケンタが、高校生になって泣いていません(当たり前か・・・)。   それはそうと、末っ子まき子ちゃんもよく泣く子でした。でもおっぱい大好きっ子 …

きょうだい同士は何故もこんなにシンパシーを感じるのだろうか?謎の言葉も解読できるきょうだいの絆

末っ子まき子ちゃんが1歳を過ぎ、たどたどしく単語で会話できるようになった時のお話。   上の子たちは子供部屋のある二階で遊んでいましたが、まだ目が離せない小さなまき子ちゃんは私と一緒にリビン …

きょうだいが仲良く育つために

きょうだいは仲が良いほうがいいです。 学校が夏休みになって、親が『早く学校が始まってほしい』と思う理由ナンバー1は、ずばり【子供達が毎日ケンカしてうるさいから】(ソースは小紫ブリジットの井戸端会議)。 …