マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

トイレトレーニング 一覧 育児

トイレでうんちが出来るようになるまでの子供たちのそれぞれ

投稿日:2017年5月15日 更新日:

5月も半ば、暖かい日が増えてきました。この時期、トイレトレーニングをそろそろ始めようかな、という子育て中のお母さんは多いと思います。ということで、今回書くのはうちの子達のうんちトレーニングの話。

子供の数だけトレーニングの出来事があります。うんちはおしっこと違って、便意を催し始めてから【我慢する時間】・【いきむ時間】があり、その間に様々な人間模様が繰り広げられます。性格によってもトレーニングの仕方は全く違うものになります。どの子にも共通しているのは、うーんうーんと踏ん張る姿がかわいいという点。親の愛というのはうんちすら美化してしまいます。ホント怖い(笑)。

 

長女:便意を催すと必ずテレビの後ろに隠れる

長女は指定の場所に移動するタイプ。うんちしたいんだな、というのが一目瞭然。便意以外はテレビの後ろに行かないので、トイレに連れていくタイミングも大変分かりやすいものでした。

「あ!うんちだね。トイレに行こう!」と誘うと、そこから連れ出されるのを嫌がり最初はかなり泣きました。それでも何度か繰り返すうちにおむつにしなくなりました。トイレにする快感を覚えたら最後、おむつには戻れなくなったのでしょう。。。。

 

長男:人目を避け、踏ん張っているところを見せない

親の監視怠慢と言われればそれまでですが、1歳を過ぎて歩き回る息子がおつむに用をたしているところを見たことがありません。一体どこでどのタイミングでしていたのでしょう。謎は深まるばかりです。親の目の届かないところでひっそり、というのが彼なりの作法なのでしょう。結果、おむつが外れるのが異常に遅かったのですが、逆に自分から外すと決めてからはアッという間に出来るようになりました。

 

次女:甘えん坊で「いつも私だけを見ていて」

うんちがしたくなると私のところに来てするという強者。よちよちと私の方へ歩いてきて、おもむろに私の両肩に手をかけます。そして私の目をじっと見つめながら踏ん張ります。可笑しくて笑いそうになりますが、なにしろ相手は真剣ですから、こちらも必死で笑いをこらえました。

そんなおかげで、かなり早い段階からトイレに連れていくことが出来た次女でした。ですが小学校高学年の今でも『トイレに一緒に行こう!』って誘ってくるので、トイレの引率からはまだまだ卒業できそうにないな~。

 

【教訓】

・うんちトレーニングは子供の性格によってパターンが違う

・見せない子教えない子見せたい子人生いろいろ

・我が子のうんちは汚いと思わないが、他人から見たら十分にうんこ

-トイレトレーニング, 一覧, 育児

執筆者:

関連記事

美容目的でヒルドイドクリームを塗ることが流行ったから医薬品から外されるかもいう騒ぎについて

まき子よ、お前もクリームを肌に塗ってきれいになれると思っている一人では? 自分の言ったことの矛盾点に全く気付かずに、ニベア押しのどや顔の次女にクスッと笑った親バカな私です。みなさん、どうもこんにちは。 …

トイレトレーニング?トレーニングしなくても、おむつは外れる

おむつが外れるタイミングは、みんな違います。 みんな違うと分かっちゃ~いるのに、一生懸命になってしまうのが親の性。   私『もう2歳だね、おむつ外してトイレでおしっこしようか!』 ケンタ『う …

子供の寝顔はどうしてこんなにかわいいのかと眺めているとたまに聞ける寝言もいとおかし

皆さんは寝言をよく言いますか?家族の寝言を聞いたことがありますか?   母から聞いた話では、小さい頃の私は『寝言』ではなくて『寝ぼける』ことが多かったようです。寝ているはずの私が階段を下りて …

茶わん蒸しから学ぶ、人は見かけで判断するのは子供も同じ

独身時代はそれほど料理もしなかった私も、結婚して子供も出来て少しづつ作るようになってきました。子育ても落ち着いてきた頃、茶わん蒸しを作ってみました。子供たちにとっては、初めて食べる茶わん蒸しです。 ち …

お父さんがストレッチして痛い痛いっていうと、さらに強く押してくるよね~似たもの母娘~

歳を重ねると、身体が硬くなりますね。 年々身体が言うことをきかなくなるにつれ、ストレッチの大事さを痛感する今日この頃です。 特に私の場合は肩! 自分が若い頃、大人が四十肩とか騒いでいるのを聞き、別世界 …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ