マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

トイレでうんちが出来るようになるまでの子供たちのそれぞれ

投稿日:

5月も半ば、暖かい日が増えてきました。この時期、トイレトレーニングをそろそろ始めようかな、という子育て中のお母さんは多いと思います。ということで、今回書くのはうちの子達のうんちトレーニングの話。

子供の数だけトレーニングの出来事があります。うんちはおしっこと違って、便意を催し始めてから【我慢する時間】・【いきむ時間】があり、その間に様々な人間模様が繰り広げられます。性格によってもトレーニングの仕方は全く違うものになります。どの子にも共通しているのは、うーんうーんと踏ん張る姿がかわいいという点。親の愛というのはうんちすら美化してしまいます。ホント怖い(笑)。

 

長女:便意を催すと必ずテレビの後ろに隠れる

長女は指定の場所に移動するタイプ。うんちしたいんだな、というのが一目瞭然。便意以外はテレビの後ろに行かないので、トイレに連れていくタイミングも大変分かりやすいものでした。

「あ!うんちだね。トイレに行こう!」と誘うと、そこから連れ出されるのを嫌がり最初はかなり泣きました。それでも何度か繰り返すうちにおむつにしなくなりました。トイレにする快感を覚えたら最後、おむつには戻れなくなったのでしょう。。。。

 

長男:人目を避け、踏ん張っているところを見せない

親の監視怠慢と言われればそれまでですが、1歳を過ぎて歩き回る息子がおつむに用をたしているところを見たことがありません。一体どこでどのタイミングでしていたのでしょう。謎は深まるばかりです。親の目の届かないところでひっそり、というのが彼なりの作法なのでしょう。結果、おむつが外れるのが異常に遅かったのですが、逆に自分から外すと決めてからはアッという間に出来るようになりました。

 

次女:甘えん坊で「いつも私だけを見ていて」

うんちがしたくなると私のところに来てするという強者。よちよちと私の方へ歩いてきて、おもむろに私の両肩に手をかけます。そして私の目をじっと見つめながら踏ん張ります。可笑しくて笑いそうになりますが、なにしろ相手は真剣ですから、こちらも必死で笑いをこらえました。

そんなおかげで、かなり早い段階からトイレに連れていくことが出来た次女でした。ですが小学校高学年の今でも『トイレに一緒に行こう!』って誘ってくるので、トイレの引率からはまだまだ卒業できそうにないな~。

 

【教訓】

・うんちトレーニングは子供の性格によってパターンが違う

・見せない子教えない子見せたい子人生いろいろ

・我が子のうんちは汚いと思わないが、他人から見たら十分にうんこ

-未分類

執筆者:

関連記事

お散歩最強伝説~お散歩による最大の効果を発揮させるために必要なこと

子供はお散歩や外遊びが大好きです。正直なところ、『お外ーお外ー!』とねだられて、面倒だな・・・と感じることも多々ありましたけど。 お散歩って子供に成長にとって、良い刺激がたくさんあるんだそうです。小学 …

子供というのは、叱らなくても反省するし、もう二度としないように気を付けようと思っている。また繰り返しちゃうけどね!

ある日の昼下がり。 子供たちが何やらやっています。仲良く顔を突き合わせて。なんの相談でしょうか。 微笑ましく思いながら傍にいくと・・・・     ぎょえ~~~~~~!! &nbsp …

虫が苦手な子のリアクション、ならびにお父さんのダジャレにそっけないリアクション

うちの娘は虫が嫌いです。 かなり小さい頃から虫嫌いアピールをしていました。   あれはたしか2歳前だったでしょうか。 ご飯を食べていたら突如泣きだしました。 大声でぎゃ~ぎゃ~泣くので、何か …

赤ちゃんがよく泣くから、育児に疲れているというお母さんへ

まずは泣く生き物という認識をもつ 赤ちゃんは泣きます。生まれてすぐに。泣かないと心配ですよね。その時の赤ちゃんは悲しくないです。肺に酸素が入ってきて、思いっきり呼吸をしています。泣くという行動は、遺伝 …

部屋が散らかることが子供の成長の証

新生児の頃は、ハイハイはもちろん寝返りもできないので、部屋は散らかりません(親が散らかさない限り)。 数か月後、自分で動いたり、手で持って遊んだりできるようになると、部屋は戦場と化すわけです。 ティッ …