マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

きょうだい同士は何故もこんなにシンパシーを感じるのだろうか?謎の言葉も解読できるきょうだいの絆

投稿日:

末っ子まき子ちゃんが1歳を過ぎ、たどたどしく単語で会話できるようになった時のお話。

 

上の子たちは子供部屋のある二階で遊んでいましたが、まだ目が離せない小さなまき子ちゃんは私と一緒にリビングで過ごすことが多く、階段の上り口には柵を設置していました(勝手に上がって転落することを防止)。

 

 

ある日の夕方、ご飯の支度が完了しました。

私はまき子ちゃんに言います。

「お姉ちゃんお兄ちゃんにごはんだよって言ってきてちょうだい」

すると、まき子ちゃんは

「あいっ!」と返事をして廊下へ走って行きます。そして階段の下まで来ると柵の前で

 

「がっほーーー」

と大声で二人を呼びます。

 

やまびこ?

 

 

「がっほー」というのは、

「がっ(ごはんだ)ほー(よー)です。

 

 

すると・・・・

 

 

「はーーーい!!」

と返事をしながら、夕ご飯を食べに階段を下りてくる子供たちすごい。

 

【教訓】

・下の子が幼児言葉で何て言ってるのかな?と思うと上の子が通訳してくれる

・黙っているきょうだいの気持ちを代弁してくれるのも、またきょうだい

・私の『片付けてほしい』『しっかりやってほしい』という気持ちは察しない

-未分類

執筆者:

関連記事

下の子が生まれても、お兄ちゃんお姉ちゃんはまだ子供~幼児とお姉ちゃんのはざまで~

赤ちゃんが生まれると、上の子は何でも出来るように錯覚してしまうのは、私だけではないはず。 我が家では3番目のまき子が生まれてから、長女の美里は私の中では良き理解者、協力者。なんでも会話が通じて、しっか …

子供の寝顔はどうしてこんなにかわいいのかと眺めているとたまに聞ける寝言もいとおかし

皆さんは寝言をよく言いますか?家族の寝言を聞いたことがありますか?   母から聞いた話では、小さい頃の私は『寝言』ではなくて『寝ぼける』ことが多かったようです。寝ているはずの私が階段を下りて …

小さい子には絵本をたくさん読んであげてくださいっていうけど、興味なければ聞きません

こどもは絵本が大好き。 絵本の世界に引き込まれて目がキラキラする。     ↑全て幻想   もちろん、絵本が好きでちゃんとお母さんの読み聞かせに耳を傾ける子もたくさんいま …

子供の成長を素敵に残すための闘い~私だけに向けてくれる最高の笑顔~

写真で子供の成長を記録するのはお父さんの係、というご家庭も多いかと思います。小紫家では、お父さんの係というよりはお父さんの趣味です。 小さい頃からカシャカシャ撮られ続けてる子供たちも、ある程度大きくな …

部屋が散らかることが子供の成長の証

新生児の頃は、ハイハイはもちろん寝返りもできないので、部屋は散らかりません(親が散らかさない限り)。 数か月後、自分で動いたり、手で持って遊んだりできるようになると、部屋は戦場と化すわけです。 ティッ …