マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

きょうだい 一覧 言葉

きょうだい同士は何故もこんなにシンパシーを感じるのだろうか?謎の言葉も解読できるきょうだいの絆

投稿日:

末っ子まき子ちゃんが1歳を過ぎ、たどたどしく単語で会話できるようになった時のお話。

 

上の子たちは子供部屋のある二階で遊んでいましたが、まだ目が離せない小さなまき子ちゃんは私と一緒にリビングで過ごすことが多く、階段の上り口には柵を設置していました(勝手に上がって転落することを防止)。

 

 

ある日の夕方、ご飯の支度が完了しました。

私はまき子ちゃんに言います。

「お姉ちゃんお兄ちゃんにごはんだよって言ってきてちょうだい」

すると、まき子ちゃんは

「あいっ!」と返事をして廊下へ走って行きます。そして階段の下まで来ると柵の前で

 

「がっほーーー」

と大声で二人を呼びます。

 

やまびこ?

 

 

「がっほー」というのは、

「がっ(ごはんだ)ほー(よー)です。

 

 

すると・・・・

 

 

「はーーーい!!」

と返事をしながら、夕ご飯を食べに階段を下りてくる子供たちすごい。

 

【教訓】

・下の子が幼児言葉で何て言ってるのかな?と思うと上の子が通訳してくれる

・黙っているきょうだいの気持ちを代弁してくれるのも、またきょうだい

・私の『片付けてほしい』『しっかりやってほしい』という気持ちは察しない

-きょうだい, 一覧, 言葉

執筆者:

関連記事

トイレトレーニング?トレーニングしなくても、おむつは外れる

おむつが外れるタイミングは、みんな違います。 みんな違うと分かっちゃ~いるのに、一生懸命になってしまうのが親の性。   私『もう2歳だね、おむつ外してトイレでおしっこしようか!』 ケンタ『う …

下の子が生まれても、お兄ちゃんお姉ちゃんはまだ子供~幼児とお姉ちゃんのはざまで~

赤ちゃんが生まれると、上の子は何でも出来るように錯覚してしまうのは、私だけではないはず。 我が家では3番目のまき子が生まれてから、長女の美里は私の中では良き理解者、協力者。なんでも会話が通じて、しっか …

【入園式】入園を待ち焦がれていたのは他でもない私だった(本人興味なし)

ケンタは5歳(年中さん)から幼稚園へ入園しました。 お姉ちゃんの美里が小学校へ上がり、ケンタは幼稚園です。 美里が小学校入学のタイミングで引っ越しをしたので、新しい土地での幼稚園でした。   …

子供のしゃべり始めの言い間違いや聞き間違いは、かわいすぎて完全保存版すべきネタの宝庫

言葉を覚え始めた子供の言い間違いというのは本当に面白い。 聞こえたままに感覚でどんどん言います。   聴くんじゃない!感じるんだ!   そんな子供たちの魂の叫びが聞こえてきそう。 …

虫が苦手な子のリアクション、ならびにお父さんのダジャレにそっけないリアクション

うちの娘は虫が嫌いです。 かなり小さい頃から虫嫌いアピールをしていました。   あれはたしか2歳前だったでしょうか。 ご飯を食べていたら突如泣きだしました。 大声でぎゃ~ぎゃ~泣くので、何か …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ