マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

最近立ち食いのお店が流行っているようですが育児中は絶賛立ち食い中

投稿日:

我が子が立てるようになった感動の瞬間!

うれしい限りです。

そして・・・、手が届くものを片っ端から触る子供とそれを阻止する私との闘いが幕を開けました。

子供が立つことのうれしさと引き換えに、ゆっくり座ってテーブルの上にコーヒーを置いて雑誌を広げて飲むという優雅な時間は失われました。ああ、両足で歩いて王子様と会うことと引き換えに美しい声を失った悲しき人魚姫のようです。

もちろん、コーヒーに限ったことではありません。子供にご飯を食べさせて、さあ自分が食べましょうという時に私の食事に手を突っ込まれてはいけませんから。立ち食い蕎麦屋状態です。駅前の立ち食い蕎麦に行かなくても、へい!お客さんかけそば一つお待ち!!からの3分でごはん終了です。OL時代の優雅なランチは遠い虹の彼方へさようなら。

中年になると健康診断でメタボ関連が気になりますが、「一口毎にしっかり噛んでゆっくり食べましょう」は、テンプレですね。子育て中に早食いが習慣化してしまったので、子供が成長した今でも、ゆっくり食べるのは難しいものです。

にしても私が小さい頃は、一口何十回も噛んで食事に時間がかかったし、お肉は噛んでも噛んでも飲み込めないので味のしなくなったガムみたいになってたのも懐かしい思い出。中学校までは食が細く、本当に細い子でした。

 

 

『お母さんも昔は細かったのよ~~。』

というと、現在高校生の美里に、

『だから何?ってしか答えようがないわ・・・』と言われた黄昏時。

【教訓】

・子供が手を伸ばすところに熱いものは置かないように注意

・育児に追われたお昼ご飯は立ち食い蕎麦屋in自宅

・メニューにうどんもある

・早食いが加速すると体重も記録を伸ばし始める

-未分類

執筆者:

関連記事

子供の泣いている理由が分からずに戸惑ってると、実はたいした理由がなかったりする罠

赤ちゃんの時、毎日30分に一回くらい泣いていた息子ケンタが、高校生になって泣いていません(当たり前か・・・)。   それはそうと、末っ子まき子ちゃんもよく泣く子でした。でもおっぱい大好きっ子 …

育児において父母が同じ内容の子育てをしているようであっても、子供のリアクションによって疲れ具合は違う

長女が3歳、長男が1歳くらいだったでしょうか。 私はその時期、仕事を辞めて子供たちの世話を全面的に見ていたのですが、東京に住む友達のお誘いをうけて、新幹線にのって結婚後初の一人旅を実現させることになり …

トイレトレーニング?トレーニングしなくても、おむつは外れる

おむつが外れるタイミングは、みんな違います。 みんな違うと分かっちゃ~いるのに、一生懸命になってしまうのが親の性。   私『もう2歳だね、おむつ外してトイレでおしっこしようか!』 ケンタ『う …

家庭内の秘密ごとは、かなり外に漏れているということを念頭に置かなければならない~犯人は子ども~

昨夜の夕ご飯にハヤシライスを作りながら、長女が小学校の時に書いた作文を思い出した私です。 ちなみにハヤシライスとハッシュドビーフの違いが分かりません。   たいてい秘密にしたい家庭の恥ずかし …

子供というのは、叱らなくても反省するし、もう二度としないように気を付けようと思っている。また繰り返しちゃうけどね!

ある日の昼下がり。 子供たちが何やらやっています。仲良く顔を突き合わせて。なんの相談でしょうか。 微笑ましく思いながら傍にいくと・・・・     ぎょえ~~~~~~!! &nbsp …