マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

子供のしゃべり始めの言い間違いや聞き間違いは、かわいすぎて完全保存版すべきネタの宝庫

投稿日:

言葉を覚え始めた子供の言い間違いというのは本当に面白い。

聞こえたままに感覚でどんどん言います。

 

聴くんじゃない!感じるんだ!

 

そんな子供たちの魂の叫びが聞こえてきそう。

ああ、あんな風に英語を憶することなく話したらどれだけ私の英会話力は高まるのでしょう!と思わずにはいられません。彼らには間違っていたらどうしようという気負いもない分、吸収も早いですね。

 

子供たちのおもしろワードは母子手帳に記録

うちの子達が小さい頃に言っていたのでちょっと思い出したところでは

お魚を「おかさな」

たまごを「たがも」

くちびるを「おくちび」

でしょうか。

その時面白いな~と思っても、年月とともに忘れ去られるものですから、母子手帳に「いつ」「なんと」言っていた、という記録を残しておくと、子供たちが大きくなってから見て思い出すことが出来ていいですよ。

 

『がんぶし』って何?

長女の美里は2歳の時におもちゃ売り場などによく置いてある丸いガムのがちゃがちゃを「がんぶし」と呼んでいました。どうして「がんぶし」というのか謎でした。私自身、そのガムのがちゃがちゃ(?)の正式名称を知らなかったので、私が「がんぶし」と教えたわけではありません。しばらくして、この機械が「ガムマシーン」という名前であることを知りました。

ということで、娘は「ガムマシーン」のネイティブな発音が「がんぶし」と聞こえてそのまま発音していました。皆さんも、ちょっと英語っぽくかっこつけて「がんぶし」と言ってみてください。あら、不思議!とても発音の良い「ガムマシーン」に聞こえるでしょ?

 

【教訓】

・子供には、間違いを指摘するよりも、のびのびと発言させるべし

・面白い言い間違いは母子手帳に記しておくべし(後になると覚えてるようでいて意外と忘れる)

-未分類

執筆者:

関連記事

ひとりで起きてお母さんにパンを出してくれた心優しい娘はその後どうなったか

小紫家の子供は三人います。 現在はみんな大きくなり、高校生が二人と小学生が一人。   子供たちはすくすくと育っています。   長女の美里は2歳になる1ヵ月前にお姉ちゃんに 2歳の誕 …

子供の健やかな成長とともにお母さんも大きくなったよ(望まぬ成長)!

若い頃は試着をして服を買ったことはありませんでした。 【9号】と書いてあればちょうどよかった小紫ぶりじっとです。   体重との闘いは第一子を生んだ時から始まりました。 初めてのお産を経験し、 …

子供の腸内環境についてのウンチクはひとまず置いておいて、おならが臭すぎるのに許せる件について

THE・おなら おならをすると眉をひそめられたり、君への愛情が一気に冷めたと言われたり、周囲の雰囲気が変な感じになったり、その場にいられなくなって立ち去ったり。うっかり出てしまって、いい思い出を持って …

部屋が散らかることが子供の成長の証

新生児の頃は、ハイハイはもちろん寝返りもできないので、部屋は散らかりません(親が散らかさない限り)。 数か月後、自分で動いたり、手で持って遊んだりできるようになると、部屋は戦場と化すわけです。 ティッ …

家庭内の秘密ごとは、かなり外に漏れているということを念頭に置かなければならない~犯人は子ども~

昨夜の夕ご飯にハヤシライスを作りながら、長女が小学校の時に書いた作文を思い出した私です。 ちなみにハヤシライスとハッシュドビーフの違いが分かりません。   たいてい秘密にしたい家庭の恥ずかし …