マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧

ベビーサインは赤ちゃんとの意思疎通を図る大切なコミュニケーション手段

投稿日:2018年4月29日 更新日:

ベビーサインとは、まだ会話の出来ない赤ちゃんとお母さんが身振り手振りで意思を伝える合う手段です。これってすごく便利。何しろ赤ちゃんと会話が出来るんですから!そして、その可愛らしいしぐさにみんなキュンキュンしちゃいますね。

 

サインは決まったものではなくて、各ご家庭によって違います。よそのお宅のベビーサインを見て、『初めて見た!』とか『その動き(サイン)はうちでは別の意味で使ってる』などあります。いずれにしても、赤ちゃんが出来る範囲のしぐさで教えなければいけません。手を万歳と上げたり、グーパーしたり出来ますが、ピースサインなどの指の細かい動きはできません。

 

小紫家のベビーサイン一例

美味しい→自分の頭をポンポン叩く

おかわり(もっとほしい)両手をくっつける(水をすくうような感じ)

お外で遊びたい→玄関を指さす(これはサインというより、みんなやっていそう)

ベビーサインは日常の生活の中で自然と生まれてくるものだと思います。実際皆さんも特に意識せずともたくさんのベビーサインを使っているのではないでしょうか。

 

 

次女は完全母乳で育てました。母乳大好き、おっぱい命です。

生後10ヵ月くらいのある日。離乳食がスタートしていたので、ごはんがメインで母乳はサブにしました。食後のデザート的な感じです。ごはんを食べながらもベビーサインは欠かせません。「おいしい」「もっとちょうだい」もうサインは止まらないといった感じです。

一通りごはんを食べ終わり、お腹いっぱいかな~どうかな~と思いつつも

「おっぱい飲む?」

と聞いたところ、ものすごい勢いでヘビメタロックのように首をがくがく上下させてうなずきました。まあ、これはベビーサインじゃなくて、単なる頷きなんですけどね。

(*ω)(*-ω-)(*ω)(*-ω-)ウンウンってこんなに赤ちゃんでも頷くんだと感動した瞬間。

 

【教訓】

・小さい頃からコミュニケーションによる意思疎通を図る

・自分の子のサインは読み取れるけど、他人の子のサインは意味不明

 

 

-一覧

執筆者:

関連記事

ひとりで起きてお母さんにパンを出してくれた心優しい娘はその後どうなったか

小紫家の子供は三人います。 現在はみんな大きくなり、大学生と高校生と中学生。   子供たちはすくすくと育っています。   長女の美里は2歳になる1ヵ月前にお姉ちゃんに 2歳の誕生日 …

子供の健やかな成長とともにお母さんも大きくなったよ(望まぬ成長)!

若い頃は試着をして服を買ったことはありませんでした。 【9号】と書いてあればちょうどよかった小紫ぶりじっとです。   体重との闘いは第一子を生んだ時から始まりました。 初めてのお産を経験し、 …

子供のしゃべり始めの言い間違いや聞き間違いは、かわいすぎて完全保存版すべきネタの宝庫

言葉を覚え始めた子供の言い間違いというのは本当に面白い。 聞こえたままに感覚でどんどん言います。   聴くんじゃない!感じるんだ!   そんな子供たちの魂の叫びが聞こえてきそう。 …

虫が苦手な子のリアクション、ならびにお父さんのダジャレにそっけないリアクション

うちの娘は虫が嫌いです。 かなり小さい頃から虫嫌いアピールをしていました。   あれはたしか2歳前だったでしょうか。 ご飯を食べていたら突如泣きだしました。 大声でぎゃ~ぎゃ~泣くので、何か …

お父さんがストレッチして痛い痛いっていうと、さらに強く押してくるよね~似たもの母娘~

歳を重ねると、身体が硬くなりますね。 年々身体が言うことをきかなくなるにつれ、ストレッチの大事さを痛感する今日この頃です。 特に私の場合は肩! 自分が若い頃、大人が四十肩とか騒いでいるのを聞き、別世界 …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ