マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧

ベビーサインは赤ちゃんとの意思疎通を図る大切なコミュニケーション手段

投稿日:2018年4月29日 更新日:

ベビーサインとは、まだ会話の出来ない赤ちゃんとお母さんが身振り手振りで意思を伝える合う手段です。これってすごく便利。何しろ赤ちゃんと会話が出来るんですから!そして、その可愛らしいしぐさにみんなキュンキュンしちゃいますね。

 

サインは決まったものではなくて、各ご家庭によって違います。よそのお宅のベビーサインを見て、『初めて見た!』とか『その動き(サイン)はうちでは別の意味で使ってる』などあります。いずれにしても、赤ちゃんが出来る範囲のしぐさで教えなければいけません。手を万歳と上げたり、グーパーしたり出来ますが、ピースサインなどの指の細かい動きはできません。

 

小紫家のベビーサイン一例

美味しい→自分の頭をポンポン叩く

おかわり(もっとほしい)両手をくっつける(水をすくうような感じ)

お外で遊びたい→玄関を指さす(これはサインというより、みんなやっていそう)

ベビーサインは日常の生活の中で自然と生まれてくるものだと思います。実際皆さんも特に意識せずともたくさんのベビーサインを使っているのではないでしょうか。

 

 

次女は完全母乳で育てました。母乳大好き、おっぱい命です。

生後10ヵ月くらいのある日。離乳食がスタートしていたので、ごはんがメインで母乳はサブにしました。食後のデザート的な感じです。ごはんを食べながらもベビーサインは欠かせません。「おいしい」「もっとちょうだい」もうサインは止まらないといった感じです。

一通りごはんを食べ終わり、お腹いっぱいかな~どうかな~と思いつつも

「おっぱい飲む?」

と聞いたところ、ものすごい勢いでヘビメタロックのように首をがくがく上下させてうなずきました。まあ、これはベビーサインじゃなくて、単なる頷きなんですけどね。

(*ω)(*-ω-)(*ω)(*-ω-)ウンウンってこんなに赤ちゃんでも頷くんだと感動した瞬間。

 

【教訓】

・小さい頃からコミュニケーションによる意思疎通を図る

・自分の子のサインは読み取れるけど、他人の子のサインは意味不明

 

 

-一覧

執筆者:

関連記事

【入園式】入園を待ち焦がれていたのは他でもない私だった(本人興味なし)

ケンタは5歳(年中さん)から幼稚園へ入園しました。 お姉ちゃんの美里が小学校へ上がり、ケンタは幼稚園です。 美里が小学校入学のタイミングで引っ越しをしたので、新しい土地での幼稚園でした。   …

子供というのは、叱らなくても反省するし、もう二度としないように気を付けようと思っている。また繰り返しちゃうけどね!

ある日の昼下がり。 子供たちが何やらやっています。仲良く顔を突き合わせて。なんの相談でしょうか。 微笑ましく思いながら傍にいくと・・・・     ぎょえ~~~~~~!! &nbsp …

虫が苦手な子のリアクション、ならびにお父さんのダジャレにそっけないリアクション

うちの娘は虫が嫌いです。 かなり小さい頃から虫嫌いアピールをしていました。   あれはたしか2歳前だったでしょうか。 ご飯を食べていたら突如泣きだしました。 大声でぎゃ~ぎゃ~泣くので、何か …

トイレトレーニング?トレーニングしなくても、おむつは外れる

おむつが外れるタイミングは、みんな違います。 みんな違うと分かっちゃ~いるのに、一生懸命になってしまうのが親の性。   私『もう2歳だね、おむつ外してトイレでおしっこしようか!』 ケンタ『う …

茶わん蒸しから学ぶ、人は見かけで判断するのは子供も同じ

独身時代はそれほど料理もしなかった私も、結婚して子供も出来て少しづつ作るようになってきました。子育ても落ち着いてきた頃、茶わん蒸しを作ってみました。子供たちにとっては、初めて食べる茶わん蒸しです。私自 …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ