マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧

【入園式】入園を待ち焦がれていたのは他でもない私だった(本人興味なし)

投稿日:2018年4月25日 更新日:

ケンタは5(年中さん)から幼稚園へ入園しました。

お姉ちゃんの美里が小学校へ上がり、ケンタは幼稚園です。

美里が小学校入学のタイミングで引っ越しをしたので、新しい土地での幼稚園でした。

 

入園式の少し前に幼稚園の面接へ行き先生とお話をしたあとに、幼稚園で必要なグッズを揃えました。うわぐつ入れやエプロン、絵本袋などなど。

 

 

そして迎えた入園式当日。

 

すごーくつまらなそうな顔のケンタ。

今でも思い出のアルバムを見ると、そこには全く笑わないケンタの顔が。。。明らかに乗り気じゃない様子。

 

ケンタが『幼稚園なんか行きたくない!』なんて言い出したらどうしようとビクビクしながら、入園式のあとも特に幼稚園についての話題は出さずに次の日を迎えました。そして朝ごはんを食べさせて幼稚園の服を着せ、さあ、そろそろ幼稚園に行きましょうか、という瞬間に彼は言ったのです。

 

 

え?今日も行くの?

 

 

 

いやいやいやいや、ちょっと待ってケンタ君。今まで2年間お姉ちゃんが毎日幼稚園に通うの見てたわよね?しかも送迎にあなたも毎日一緒に行ったでしょ。雨の日も風の日も、車で行ったり、自転車乗ったり、歩いていったり、毎日毎日通ったわね。それが幼稚園なのよ。

 

 

へー、そうなんだ(他人ごと)

 

 

 

その一か月後、今まではテレビをみても私がやっても嫌がって絶対踊らなかったケンタが、幼稚園で習ってきた歌『タケノコずんずんずっと伸びた!!』を歌いながら踊ってくれた時は感動しました。幼稚園ってすごい!

 

【教訓】

・入園前、親の事前準備は心構えは、子供には伝わっていない

・行きたくないといっても、行くと楽しい幼稚園(保育園)

-一覧

執筆者:

関連記事

きょうだい同士は何故もこんなにシンパシーを感じるのだろうか?謎の言葉も解読できるきょうだいの絆

末っ子まき子ちゃんが1歳を過ぎ、たどたどしく単語で会話できるようになった時のお話。   上の子たちは子供部屋のある二階で遊んでいましたが、まだ目が離せない小さなまき子ちゃんは私と一緒にリビン …

トイレでうんちが出来るようになるまでの子供たちのそれぞれ

6月になり、暖かい日が増えてきました。この時期、トイレトレーニングをそろそろ始めようかな、という子育て中のお母さんは多いと思います。ということで、今回書くのはうちの子達のうんちトレーニングの話。 子供 …

育児において父母が同じ内容の子育てをしているようであっても、子供のリアクションによって疲れ具合は違う

長女が3歳、長男が1歳くらいだったでしょうか。 私はその時期、仕事を辞めて子供たちの世話を全面的に見ていたのですが、東京に住む友達のお誘いをうけて、新幹線にのって結婚後初の一人旅を実現させることになり …

ひとりで起きてお母さんにパンを出してくれた心優しい娘はその後どうなったか

小紫家の子供は三人います。 現在はみんな大きくなり、大学生と高校生と中学生。   子供たちはすくすくと育っています。   長女の美里は2歳になる1ヵ月前にお姉ちゃんに 2歳の誕生日 …

育児、それは怪我との戦い〜青あざを作って頑張るお母さんたちへのエール〜

寝たきりだった赤ちゃんが、寝がえりやお座りをできるようになると嬉しいものです。寝返りを今か今かと待ちながらずっと見ていられるのも赤ちゃんの魅力。可愛すぎてずっと見ちゃいます。それと同時に、動けるように …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ