マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

赤ちゃんと上の子が同時に泣いたら、上の子を抱っこしてあげる

投稿日:2017年3月30日 更新日:

タイトルは育児本に書かれていたことです。

理由は、赤ちゃんは放置されても記憶ないから大丈夫。でも上の子は、自分を構ってもらえなかった記憶が残るから。

恨みが一生残るというわけか、ああ・・・恐ろしい。

 

ということで、同時に泣くシチュエーションになったら、上の子をフォローしようと心に決めました。

案外早くその時はやってきたのです。

っていうか、3歳になってもゼロ歳児と同じくらいしょっちゅ泣きますから!

「ほんぎゃ~ほんぎゃ~」

「わーん!わーん!わーん!」

お兄ちゃんになったケンタを抱っこして膝にのせます。

(ケンタを)よしよしよし

「ほんぎゃ~ほんぎゃ~」

(ケンタを)よしよしよし

「お母さん、まき子ちゃんが泣いてるよ」

(お!気づきましたね。妹のまき子ちゃんが泣いているのに自分だけ抱っこされて、可哀そうに思うよね?兄としてのプライド、やはりここは妹に譲ってあげたくなるはず!)

「いいから、いいから。ケンタも泣いていたでしょ。よしよし。」

 

 

そこで息子はすっくと立ちあがり、

「お母さん、僕は大丈夫だから、まき子ちゃんを抱っこしてあげて!!!」

 

 

という展開を期待。

現実は、「じゃあ、お言葉に甘えて。」みたいな感じで、ずーーーっと抱っこされてるし。

 

「ほんぎゃ~ほんぎゃ~ほんぎゃ~ほんぎゃ~」

をBGMに聞きながら・・・・。

【教訓】

・理想的な展開はけっして起こらない。

・下の子が生まれると、上の子に理解力を求めてしまうけど、まだまだ幼いということを忘れるべからず。

-未分類

執筆者:

関連記事

何も考えていないのか策略なのか分からないが、子供の言葉にぐっときた瞬間

  「おかあさん大好き」     そんなことを、突然言われたらキュンと来ちゃいますね。 でも、 「お母さん大好き 実は買ってほしいおもちゃがあるんだけど」 って言われると …

【入園式】入園を待ち焦がれていたのは他でもない私だった(本人興味なし)

ケンタは5歳(年中さん)から幼稚園へ入園しました。 お姉ちゃんの美里が小学校へ上がり、ケンタは幼稚園です。 美里が小学校入学のタイミングで引っ越しをしたので、新しい土地での幼稚園でした。   …

きょうだいが仲良く育つために

きょうだいは仲が良いほうがいいです。 学校が夏休みになって、親が『早く学校が始まってほしい』と思う理由ナンバー1は、ずばり【子供達が毎日ケンカしてうるさいから】(ソースは小紫ブリジットの井戸端会議)。 …

末っ子の高度な甘え技術は上のきょうだいが決して真似できない(したくない)レベル

子供が生まれるたびに、どんどん躾がゆるゆになっていく私です。 お兄ちゃんお姉ちゃんの時は厳しく育てて、何故末っ子には甘くなるのか、分析してみました。 言ってもできないと悟った 言えばちゃんとやってくれ …

『かわいい子には旅をさせろ』と『親の心子知らず』の小学校生活

幼稚園・保育園で送り迎えの日々をしてきた我が子が小学校に入学すると、いろんなことが心配です。特に下校時間になると、そわそわ。車に気を付けて歩いているか、お友達と仲良く帰れているか、ケガなどしていないか …