マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧

『かわいい子には旅をさせろ』と『親の心子知らず』の小学校生活

投稿日:2018年4月20日 更新日:

幼稚園・保育園で送り迎えの日々をしてきた我が子が小学校に入学すると、いろんなことが心配です。特に下校時間になると、そわそわ。車に気を付けて歩いているか、お友達と仲良く帰れているか、ケガなどしていないか、学校に忘れ物はないか、まあ考えるときりがありません。

ケンタが小学校1年生になって間もない頃、下校時間に結構な雨が降りました。朝は天気が良かったので傘は持っていきませんでした。

どうしようか迷いました。

  • 学校に傘を持ってお迎えに行く
  • ずぶぬれで帰ってくるわが子を家で待っている

かわいい子には旅をさせよ

学校へお迎えに行くか否か。どちらにしようか考えた結果、浮かんセリフがこちら。

わんぱくでもいい。たくましく育ってほしい。(知ってる人は70年代以前生まれ)

《学校に通う》という、過酷な荒波に耐えながら強く逞しく成長してほしいと願った私は、ずぶぬれで帰ってきてもらうことを決断しました。まだ肌寒さも残る春でしたから震えながら帰ってくるんじゃないかと、お風呂にお湯を入れておくことに。ちょっと早めのお風呂掃除、そしてお湯を張ってスタンバイOK。

親の心子知らず

きっと全身ずぶぬれで来る息子。ああ、かわいそうに!寒くてつらいでしょう。
でも、これも貴方の為。家に着いたら母の愛が貴方を待っているわっ!!

窓の外を見ると、道路のずっと向こうのほうから小学生らしき子が歩いて来るのが小さく見えます。ケンタかな?二人の人影です。

だんだん家に近づいてくる子供二人。近所に住む同じ1年生のカオリちゃんが一緒です。

降り続く雨の中・・・・・

 

 

カオリちゃんの傘にあいあい傘

ー楽しそうにー

 

 

ただいま~

おかえり!お風呂沸いてるよ!

いらない。だって遊ぶ約束したもん。じゃ、行ってきます!!

 

【教訓】

・大事に育てることと過保護の違いに常に悩むのが育児

・親が心配するほど子供は気にしてないことのほうが多い

・親の思いは空回りすることが世の常

-一覧

執筆者:

関連記事

虫が苦手な子のリアクション、ならびにお父さんのダジャレにそっけないリアクション

うちの娘は虫が嫌いです。 かなり小さい頃から虫嫌いアピールをしていました。   あれはたしか2歳前だったでしょうか。 ご飯を食べていたら突如泣きだしました。 大声でぎゃ~ぎゃ~泣くので、何か …

子供の腸内環境についてのウンチクはひとまず置いておいて、おならが臭すぎるのに許せる件について

THE・おなら おならをすると眉をひそめられたり、君への愛情が一気に冷めたと言われたり、周囲の雰囲気が変な感じになったり、その場にいられなくなって立ち去ったり。うっかり出てしまって、いい思い出を持って …

男の子がみんなダンゴ虫を掴めるわけではないし、虫に残酷なことをして遊んでいた子供が大人になっても残酷なわけではない

ヒアリの日本上陸が話題となっている昨今。人類はアリによって滅亡する日が来るのでしょうか・・・。   なんかそんな感じのアリが襲う映画あったな~。(ちょっと興味あり)   &nbsp …

最近立ち食いのお店が流行っているようですが育児中は絶賛立ち食い中

我が子が立てるようになった感動の瞬間! うれしい限りです。 そして・・・、手が届くものを片っ端から触る子供とそれを阻止する私との闘いが幕を開けました。 子供が立つことのうれしさと引き換えに、ゆっくり座 …

最近のパジャマはスタイリッシュだけど、私が子供の頃のパジャマはすごくパジャマらしかったが故の悲劇

過去の自分を振り返ると、だいたい子供に『どうしてそんなことするのっ!!』っていうことをしてたし、『何でできないの!』っていうことが全然できていなかった私です。皆さん、こんにちは。 この間ふと思い出した …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索