マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧

『かわいい子には旅をさせろ』と『親の心子知らず』の小学校生活

投稿日:2018年4月20日 更新日:

幼稚園・保育園で送り迎えの日々をしてきた我が子が小学校に入学すると、いろんなことが心配です。特に下校時間になると、そわそわ。車に気を付けて歩いているか、お友達と仲良く帰れているか、ケガなどしていないか、学校に忘れ物はないか、まあ考えるときりがありません。

ケンタが小学校1年生になって間もない頃、下校時間に結構な雨が降りました。朝は天気が良かったので傘は持っていきませんでした。

どうしようか迷いました。

  • 学校に傘を持ってお迎えに行く
  • ずぶぬれで帰ってくるわが子を家で待っている

かわいい子には旅をさせよ

学校へお迎えに行くか否か。どちらにしようか考えた結果、浮かんセリフがこちら。

わんぱくでもいい。たくましく育ってほしい。(知ってる人は70年代以前生まれ)

《学校に通う》という、過酷な荒波に耐えながら強く逞しく成長してほしいと願った私は、ずぶぬれで帰ってきてもらうことを決断しました。まだ肌寒さも残る春でしたから震えながら帰ってくるんじゃないかと、お風呂にお湯を入れておくことに。ちょっと早めのお風呂掃除、そしてお湯を張ってスタンバイOK。

親の心子知らず

きっと全身ずぶぬれで来る息子。ああ、かわいそうに!寒くてつらいでしょう。
でも、これも貴方の為。家に着いたら母の愛が貴方を待っているわっ!!

窓の外を見ると、道路のずっと向こうのほうから小学生らしき子が歩いて来るのが小さく見えます。ケンタかな?二人の人影です。

だんだん家に近づいてくる子供二人。近所に住む同じ1年生のカオリちゃんが一緒です。

降り続く雨の中・・・・・

 

 

カオリちゃんの傘にあいあい傘

ー楽しそうにー

 

 

ただいま~

おかえり!お風呂沸いてるよ!

いらない。だって遊ぶ約束したもん。じゃ、行ってきます!!

 

【教訓】

・大事に育てることと過保護の違いに常に悩むのが育児

・親が心配するほど子供は気にしてないことのほうが多い

・親の思いは空回りすることが世の常

-一覧

執筆者:

関連記事

育児において父母が同じ内容の子育てをしているようであっても、子供のリアクションによって疲れ具合は違う

長女が3歳、長男が1歳くらいだったでしょうか。 私はその時期、仕事を辞めて子供たちの世話を全面的に見ていたのですが、東京に住む友達のお誘いをうけて、新幹線にのって結婚後初の一人旅を実現させることになり …

何も考えていないのか策略なのか分からないが、子供の言葉にぐっときた瞬間

  「おかあさん大好き」     そんなことを、突然言われたらキュンと来ちゃいますね。 でも、 「お母さん大好き 実は買ってほしいおもちゃがあるんだけど」 って言われると …

最近立ち食いのお店が流行っているようですが育児中は絶賛立ち食い中

我が子が立てるようになった感動の瞬間! うれしい限りです。 そして・・・、手が届くものを片っ端から触る子供とそれを阻止する私との闘いが幕を開けました。 子供が立つことのうれしさと引き換えに、ゆっくり座 …

育児、それは怪我との戦い〜青あざを作って頑張るお母さんたちへのエール〜

寝たきりだった赤ちゃんが、寝がえりやお座りをできるようになると嬉しいものです。寝返りを今か今かと待ちながらずっと見ていられるのも赤ちゃんの魅力。可愛すぎてずっと見ちゃいます。それと同時に、動けるように …

【入園式】入園を待ち焦がれていたのは他でもない私だった(本人興味なし)

ケンタは5歳(年中さん)から幼稚園へ入園しました。 お姉ちゃんの美里が小学校へ上がり、ケンタは幼稚園です。 美里が小学校入学のタイミングで引っ越しをしたので、新しい土地での幼稚園でした。   …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ