マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

末っ子の高度な甘え技術は上のきょうだいが決して真似できない(したくない)レベル

投稿日:

子供が生まれるたびに、どんどん躾がゆるゆになっていく私です。

お兄ちゃんお姉ちゃんの時は厳しく育てて、何故末っ子には甘くなるのか、分析してみました。

言ってもできないと悟った

言えばちゃんとやってくれると思っていた時期もありましたが、何度も何度も同じ注意を繰り返すうちにやっと気づきました。

何度言っても無理なんだ

3人目にしてやっと悟りを開きました。出来ないことをうるさく言っても出来ません。時期がくればちゃんと出来るようになると分かりました。賢いお母さんは一人目でも、心大らかに子供の成長を見守ることができると思いますがち、私はちょっと口うるさかったことに反省です。

何年経っても『一番小さい』という不動のポジション

末っ子というのは、下の子が生まれない限り『一番小さい』というポジションを侵されることはありません。10歳になろうと20歳になろうと。

『一番小さい=みんなに可愛がってもらえる』という印籠を持っているので、末っ子はおねだり上手、お願い上手です。甘やかしてると言われますが、私は甘やかしていません。向こうから積極的に甘えてくるという表現のほうが正しいでしょう。

今では上の子たち(美里・ケンタ)は高校生。小学生高学年になってもなお私に甘える妹に、姉・兄として心配なご様子。

美里・ケンタ『お母さんって、まき子ちゃんを甘やかしてるよね。』

『何言ってるの。お前たちも甘えていいのよ、お母さんに抱っこ!っておいで。』

両手を広げて待つ私。

美里・ケンタ『いや・・・・。いい。』

『遠慮しなくていいんだよ、さあ、おいで!カモン!!』

という私に心の底からノーサンキューって顔(そんなに嫌がらなくても・・・・)

【教訓】

・口うるさく言うから自分で出来る子になるわけではない

・親離れが始まったら、親もしっかり子離れ

・大丈夫、思春期・反抗期になったら一緒にトイレ行こうなんて言わなくなるから

-未分類

執筆者:

関連記事

子供のしゃべり始めの言い間違いや聞き間違いは、かわいすぎて完全保存版すべきネタの宝庫

言葉を覚え始めた子供の言い間違いというのは本当に面白い。 聞こえたままに感覚でどんどん言います。   聴くんじゃない!感じるんだ!   そんな子供たちの魂の叫びが聞こえてきそう。 …

部屋が散らかることが子供の成長の証

新生児の頃は、ハイハイはもちろん寝返りもできないので、部屋は散らかりません(親が散らかさない限り)。 数か月後、自分で動いたり、手で持って遊んだりできるようになると、部屋は戦場と化すわけです。 ティッ …

お散歩最強伝説~お散歩による最大の効果を発揮させるために必要なこと

子供はお散歩や外遊びが大好きです。正直なところ、『お外ーお外ー!』とねだられて、面倒だな・・・と感じることも多々ありましたけど。 お散歩って子供に成長にとって、良い刺激がたくさんあるんだそうです。小学 …

子供というのは、叱らなくても反省するし、もう二度としないように気を付けようと思っている。また繰り返しちゃうけどね!

ある日の昼下がり。 子供たちが何やらやっています。仲良く顔を突き合わせて。なんの相談でしょうか。 微笑ましく思いながら傍にいくと・・・・     ぎょえ~~~~~~!! &nbsp …

おもちゃ売り場で子どもが泣く理由はこれだ!

おもちゃ売り場で駄々をこねてる子どもを見かけます。 ご多分に漏れず、我が家の子供たち(特に息子)も、相当駄々をこねました。床に這いつくばって・・・。地獄の底から這いあがってくるようなあのポーズは、親と …