マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

きょうだい

末っ子の高度な甘え技術は上のきょうだいが決して真似できない(したくない)レベル

投稿日:2017年4月17日 更新日:

子供が生まれるたびに、どんどん躾がゆるゆになっていく私です。

お兄ちゃんお姉ちゃんの時は厳しく育てて、何故末っ子には甘くなるのか、分析してみました。

言ってもできないと悟った

言えばちゃんとやってくれると思っていた時期もありましたが、何度も何度も同じ注意を繰り返すうちにやっと気づきました。

何度言っても無理なんだ

3人目にしてやっと悟りを開きました。出来ないことをうるさく言っても出来ません。時期がくればちゃんと出来るようになると分かりました。賢いお母さんは一人目でも、心大らかに子供の成長を見守ることができると思いますがち、私はちょっと口うるさかったことに反省です。

何年経っても『一番小さい』という不動のポジション

末っ子というのは、下の子が生まれない限り『一番小さい』というポジションを侵されることはありません。10歳になろうと20歳になろうと。

『一番小さい=みんなに可愛がってもらえる』という印籠を持っているので、末っ子はおねだり上手、お願い上手です。甘やかしてると言われますが、私は甘やかしていません。向こうから積極的に甘えてくるという表現のほうが正しいでしょう。

今では上の子たち(美里・ケンタ)は高校生。小学生高学年になってもなお私に甘える妹に、姉・兄として心配なご様子。

美里・ケンタ『お母さんって、まき子ちゃんを甘やかしてるよね。』

『何言ってるの。お前たちも甘えていいのよ、お母さんに抱っこ!っておいで。』

両手を広げて待つ私。

美里・ケンタ『いや・・・・。いい。』

『遠慮しなくていいんだよ、さあ、おいで!カモン!!』

という私に心の底からノーサンキューって顔(そんなに嫌がらなくても・・・・)

【教訓】

・口うるさく言うから自分で出来る子になるわけではない

・親離れが始まったら、親もしっかり子離れ

・大丈夫、思春期・反抗期になったら一緒にトイレ行こうなんて言わなくなるから

-きょうだい

執筆者:

関連記事

きょうだいや親子で寝相が一致するシンクロ率の高さは遺伝子との因果関係があるのか?!という疑問はさておき、やっぱり写真撮っちゃうよね

子供たちの寝ている様子を見に寝室に行くと、結構な確率で寝相が同じだったりします。別々の場所で同じ格好の時もありますが、二人平行で一致してたりすると、感激すら覚えます。まさかの左右対称だった日には高校の …

赤ちゃんと上の子が同時に泣いたら、上の子を抱っこしてあげる

タイトルは育児本に書かれていたことです。 理由は、赤ちゃんは放置されても記憶ないから大丈夫。でも上の子は、自分を構ってもらえなかった記憶が残るから。 恨みが一生残るというわけか、ああ・・・恐ろしい。 …

きょうだい同士は何故もこんなにシンパシーを感じるのだろうか?謎の言葉も解読できるきょうだいの絆

末っ子まき子ちゃんが1歳を過ぎ、たどたどしく単語で会話できるようになった時のお話。   上の子たちは子供部屋のある二階で遊んでいましたが、まだ目が離せない小さなまき子ちゃんは私と一緒にリビン …

きょうだいが仲良く育つために

きょうだいは仲が良いほうがいいです。 学校が夏休みになって、親が『早く学校が始まってほしい』と思う理由ナンバー1は、ずばり【子供達が毎日ケンカしてうるさいから】(ソースは小紫ブリジットの井戸端会議)。 …

下の子が生まれても、お兄ちゃんお姉ちゃんはまだ子供~幼児とお姉ちゃんのはざまで~

赤ちゃんが生まれると、上の子は何でも出来るように錯覚してしまうのは、私だけではないはず。 我が家では3番目のまき子が生まれてから、長女の美里は私の中では良き理解者、協力者。なんでも会話が通じて、しっか …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ