マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧

育児、それは怪我との戦い〜青あざを作って頑張るお母さんたちへのエール〜

投稿日:2018年4月15日 更新日:

寝たきりだった赤ちゃんが、寝がえりやお座りをできるようになると嬉しいものです。寝返りを今か今かと待ちながらずっと見ていられるのも赤ちゃんの魅力。可愛すぎてずっと見ちゃいます。それと同時に、動けるようになるとケガも心配。座っていてもすぐひっくり返るし、子供たちがよちよち歩きを始めた頃は、本当に目が離せませんでした。

赤ちゃんや子供の怪我というのは注意が必要ですが、実は注意が必要なのは子どもに限ったことではありません。忘れちゃいけないのが、お母さんがケガ。育児に追われて知らず知らずのうちに、青タンが出来ていたり、あれ、いつのまに血が!?(すでに固まってから気づく)みたいなのは日常茶飯事。子供に注意が集中していると、自分の痛みに気づかないものですね。

子供というのは、実におそろしい生き物。

そしてここからが本題。日夜育児に奮闘しているお母さん方。貴女に危害を加える一番の敵はあなたのすぐそばにいるということをお伝えしておきます。敵はこちらに向かってドスドスと走ってきます。全ての力を私の体にゆだねてきます。そう。ママ~~と言って飛び込んでくる子供はマックスデンジャラス。

子供がおもちゃで遊ぶようになったら床を気を付けてみてください。おもちゃが予期せぬ感じで落ちています。そして踏んでしまった時の痛さは異常(経験者は語る)。

他にも耳かきをしている時に子供がぶつかってきて鼓膜が破れたという話も聞いたりします。本当に危険ですので絶対に子供の前ではやめましょう~。

 

【教訓】

・子供が向かってきたら、防御体制で構えるべし

・おもちゃは踏むと痛いが、壊れた時の子供のリアクションのほうが怖い

・だったら散らかさないで片づけておきなさいという説教は通じない

-一覧

執筆者:

関連記事

子供の寝顔はどうしてこんなにかわいいのかと眺めているとたまに聞ける寝言もいとおかし

皆さんは寝言をよく言いますか?家族の寝言を聞いたことがありますか?   母から聞いた話では、小さい頃の私は『寝言』ではなくて『寝ぼける』ことが多かったようです。寝ているはずの私が階段を下りて …

子供というのは、叱らなくても反省するし、もう二度としないように気を付けようと思っている。また繰り返しちゃうけどね!

ある日の昼下がり。 子供たちが何やらやっています。仲良く顔を突き合わせて。なんの相談でしょうか。 微笑ましく思いながら傍にいくと・・・・     ぎょえ~~~~~~!! &nbsp …

子供の健やかな成長とともにお母さんも大きくなったよ(望まぬ成長)!

若い頃は試着をして服を買ったことはありませんでした。 【9号】と書いてあればちょうどよかった小紫ぶりじっとです。   体重との闘いは第一子を生んだ時から始まりました。 初めてのお産を経験し、 …

ひとりで起きてお母さんにパンを出してくれた心優しい娘はその後どうなったか

小紫家の子供は三人います。 現在はみんな大きくなり、大学生と高校生と中学生。   子供たちはすくすくと育っています。   長女の美里は2歳になる1ヵ月前にお姉ちゃんに 2歳の誕生日 …

育児において父母が同じ内容の子育てをしているようであっても、子供のリアクションによって疲れ具合は違う

長女が3歳、長男が1歳くらいだったでしょうか。 私はその時期、仕事を辞めて子供たちの世話を全面的に見ていたのですが、東京に住む友達のお誘いをうけて、新幹線にのって結婚後初の一人旅を実現させることになり …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ