マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

下の子が生まれても、お兄ちゃんお姉ちゃんはまだ子供~幼児とお姉ちゃんのはざまで~

投稿日:

赤ちゃんが生まれると、上の子は何でも出来るように錯覚してしまうのは、私だけではないはず。

我が家では3番目のまき子が生まれてから、長女の美里は私の中では良き理解者、協力者。なんでも会話が通じて、しっかりしたお姉ちゃんという認識になりました。お姉ちゃんといっても、まだ小学校にも上がっていなかったんですけどね。

 

まだ6歳なのに、もう6歳と思っていました。

 

当時、長女のお気に入りの絵本が『はじめてのおつかい』でした。筒井頼子さん作・林明子さん絵の、あの有名な絵本です。

絵本のようにおつかいしてみたい長女、もう6歳だから大丈夫!と思い頼んでみたところ、大喜び。私は絵本の中のママが主人公の女の子みいちゃんに約束したことと、同じ約束をしました。

 

車に気を付けること

おつりをわすれないこと

 

意気揚々と出かけていきました。いつもお散歩した後に帰りに立ち寄る、なじみの小さなスーパーです。

私は生まれて間もないまき子を抱っこしながら、帰りを待っていました。(ああ、絵本と同じ光景)

 

帰って来ました!

転んでないか心配しましたが、大丈夫です。(絵本では、途中女の子は転んでひざを擦りむいてしまいます)

無事に帰ってきてよかった!!とてもホッとしました。

得意気に向こうから走って帰ってくる娘の手には・・・・

 

 

食パンが

 

 

 

なかったけど。

 

約束した『おつりを忘れないこと』に気を取られ、パンはレジに置きっぱなしというオチ。

【教訓】

  • 赤ちゃんが生まれても、上の子はその年齢相当でしかない。
  • もう〇歳でしょ、じゃなくて、まだ〇歳
  • できることから少しずつ

-未分類

執筆者:

関連記事

赤ちゃんがよく泣くから、育児に疲れているというお母さんへ

まずは泣く生き物という認識をもつ 赤ちゃんは泣きます。生まれてすぐに。泣かないと心配ですよね。その時の赤ちゃんは悲しくないです。肺に酸素が入ってきて、思いっきり呼吸をしています。泣くという行動は、遺伝 …

赤ちゃんの後追いが始まったら、たくさん後をつけさせて視線の中にいてあげる

赤ちゃんが自分の力で移動できるようになると、後追いが始まります。 ハイハイするずっとずっと前から、赤ちゃんはお母さんのことが大好きで、ちょっとでも顔が見えないと泣いていたのですが、今度は自分が移動して …

子供の成長を素敵に残すための闘い~私だけに向けてくれる最高の笑顔~

写真で子供の成長を記録するのはお父さんの係、というご家庭も多いかと思います。小紫家では、お父さんの係というよりはお父さんの趣味です。 小さい頃からカシャカシャ撮られ続けてる子供たちも、ある程度大きくな …

お墓で撮った記念写真で、息子がカメラの方を向いていない件

そう、あれは12年前の夏のことでございます。 祖母のお墓参りへ行った歳、当時3歳だった息子に始めて線香を持たせてみようと思いました。 だいぶ人の話を聞いて理解できるようになっていたので、線香の先が熱い …

子供のしゃべり始めの言い間違いや聞き間違いは、かわいすぎて完全保存版すべきネタの宝庫

言葉を覚え始めた子供の言い間違いというのは本当に面白い。 聞こえたままに感覚でどんどん言います。   聴くんじゃない!感じるんだ!   そんな子供たちの魂の叫びが聞こえてきそう。 …