マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

未分類

小さい子には絵本をたくさん読んであげてくださいっていうけど、興味なければ聞きません

投稿日:

こどもは絵本が大好き。

絵本の世界に引き込まれて目がキラキラする。

 

 

↑全て幻想

 

もちろん、絵本が好きでちゃんとお母さんの読み聞かせに耳を傾ける子もたくさんいます。自分の子もそうだと思っていました。なので、子供が出来たら絵本を読んであげればいいと簡単に思っていました。

現実は違いますね。

 

我が家のご長男ケンタくん。

膝にのせて絵本を~なんて思うと、ものの数秒で私の腕をすり抜けて脱走。

興味ないご様子です。

 

2歳を過ぎるとケンタは機関車トーマスにはまりだしました。キャラクターがたくさん載っている本を買ってあげると、カタカナが読めるお姉ちゃんにキャラクターを全て読んでもらっていました。(これを読み聞かせというのか?)

 

時が過ぎ小学校へ入学。小学校の先生との個人面談で言われたのがこうです。

「読書をたくさんする子ですね。とてもいろんなことを知っています。」

先生何言ってるの?と一瞬戸惑いましたが、はたと気づきました。

知ってることはほとんどお姉ちゃんから聞いた知識。

いわゆるスピードラーニング。

『ただ聞き流すだけでいいんですっ!』

それだ、それ。

 

その後、本はあまり好きじゃないまま育ちましたが、小学校中学年くらいにゲームをするようになってから攻略本を買ってとねだられて、真剣に攻略本を読む姿に涙した母です。

 

【教訓】

・膝に上でじっとして絵本の読み聞かせを聞く子は存在するし、聞かない子も存在する

・どんなに小さくても興味のある本のジャンルは多種多様(辞書だったら東大か)

・いまどきの子はYouTube

-未分類

執筆者:

関連記事

きょうだいが仲良く育つために

きょうだいは仲が良いほうがいいです。 学校が夏休みになって、親が『早く学校が始まってほしい』と思う理由ナンバー1は、ずばり【子供達が毎日ケンカしてうるさいから】(ソースは小紫ブリジットの井戸端会議)。 …

赤ちゃんの後追いが始まったら、たくさん後をつけさせて視線の中にいてあげる

赤ちゃんが自分の力で移動できるようになると、後追いが始まります。 ハイハイするずっとずっと前から、赤ちゃんはお母さんのことが大好きで、ちょっとでも顔が見えないと泣いていたのですが、今度は自分が移動して …

部屋が散らかることが子供の成長の証

新生児の頃は、ハイハイはもちろん寝返りもできないので、部屋は散らかりません(親が散らかさない限り)。 数か月後、自分で動いたり、手で持って遊んだりできるようになると、部屋は戦場と化すわけです。 ティッ …

末っ子の高度な甘え技術は上のきょうだいが決して真似できない(したくない)レベル

子供が生まれるたびに、どんどん躾がゆるゆになっていく私です。 お兄ちゃんお姉ちゃんの時は厳しく育てて、何故末っ子には甘くなるのか、分析してみました。 言ってもできないと悟った 言えばちゃんとやってくれ …

育児、それは怪我との戦い〜青あざを作って頑張るお母さんたちへのエール〜

寝たきりだった赤ちゃんが、寝がえりやお座りをできるようになると嬉しいものです。寝返りを今か今かと待ちながらずっと見ていられるのも赤ちゃんの魅力。可愛すぎてずっと見ちゃいます。それと同時に、動けるように …