マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧

小さい子には絵本をたくさん読んであげてくださいっていうけど、興味なければ聞きません

投稿日:

こどもは絵本が大好き。

絵本の世界に引き込まれて目がキラキラする。

 

 

↑全て幻想

 

もちろん、絵本が好きでちゃんとお母さんの読み聞かせに耳を傾ける子もたくさんいます。自分の子もそうだと思っていました。なので、子供が出来たら絵本を読んであげればいいと簡単に思っていました。

現実は違いますね。

 

我が家のご長男ケンタくん。

膝にのせて絵本を~なんて思うと、ものの数秒で私の腕をすり抜けて脱走。

興味ないご様子です。

 

2歳を過ぎるとケンタは機関車トーマスにはまりだしました。キャラクターがたくさん載っている本を買ってあげると、カタカナが読めるお姉ちゃんにキャラクターを全て読んでもらっていました。(これを読み聞かせというのか?)

 

時が過ぎ小学校へ入学。小学校の先生との個人面談で言われたのがこうです。

「読書をたくさんする子ですね。とてもいろんなことを知っています。」

先生何言ってるの?と一瞬戸惑いましたが、はたと気づきました。

知ってることはほとんどお姉ちゃんから聞いた知識。

いわゆるスピードラーニング。

『ただ聞き流すだけでいいんですっ!』

それだ、それ。

 

その後、本はあまり好きじゃないまま育ちましたが、小学校中学年くらいにゲームをするようになってから攻略本を買ってとねだられて、真剣に攻略本を読む姿に涙した母です。

 

【教訓】

・膝に上でじっとして絵本の読み聞かせを聞く子は存在するし、聞かない子も存在する

・どんなに小さくても興味のある本のジャンルは多種多様(辞書だったら東大か)

・いまどきの子はYouTube

-一覧

執筆者:

関連記事

最近のパジャマはスタイリッシュだけど、私が子供の頃のパジャマはすごくパジャマらしかったが故の悲劇

過去の自分を振り返ると、だいたい子供に『どうしてそんなことするのっ!!』っていうことをしてたし、『何でできないの!』っていうことが全然できていなかった私です。皆さん、こんにちは。 この間ふと思い出した …

【入園式】入園を待ち焦がれていたのは他でもない私だった(本人興味なし)

ケンタは5歳(年中さん)から幼稚園へ入園しました。 お姉ちゃんの美里が小学校へ上がり、ケンタは幼稚園です。 美里が小学校入学のタイミングで引っ越しをしたので、新しい土地での幼稚園でした。   …

子供の腸内環境についてのウンチクはひとまず置いておいて、おならが臭すぎるのに許せる件について

THE・おなら おならをすると眉をひそめられたり、君への愛情が一気に冷めたと言われたり、周囲の雰囲気が変な感じになったり、その場にいられなくなって立ち去ったり。うっかり出てしまって、いい思い出を持って …

子供の寝顔はどうしてこんなにかわいいのかと眺めているとたまに聞ける寝言もいとおかし

皆さんは寝言をよく言いますか?家族の寝言を聞いたことがありますか?   母から聞いた話では、小さい頃の私は『寝言』ではなくて『寝ぼける』ことが多かったようです。寝ているはずの私が階段を下りて …

子供の健やかな成長とともにお母さんも大きくなったよ(望まぬ成長)!

若い頃は試着をして服を買ったことはありませんでした。 【9号】と書いてあればちょうどよかった小紫ぶりじっとです。   体重との闘いは第一子を生んだ時から始まりました。 初めてのお産を経験し、 …