マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧 育児

小さい子には絵本をたくさん読んであげてくださいっていうけど、興味なければ聞きません

投稿日:

こどもは絵本が大好き。

絵本の世界に引き込まれて目がキラキラする。

 

 

↑全て幻想

 

もちろん、絵本が好きでちゃんとお母さんの読み聞かせに耳を傾ける子もたくさんいます。自分の子もそうだと思っていました。なので、子供が出来たら絵本を読んであげればいいと簡単に思っていました。

現実は違いますね。

 

我が家のご長男ケンタくん。

膝にのせて絵本を~なんて思うと、ものの数秒で私の腕をすり抜けて脱走。

興味ないご様子です。

 

2歳を過ぎるとケンタは機関車トーマスにはまりだしました。キャラクターがたくさん載っている本を買ってあげると、カタカナが読めるお姉ちゃんが本を読んで登場するキャラクターを暗記。それらを全て教えてもらっていました。(これを読み聞かせというのか?)

 

時が過ぎ小学校へ入学。おそらく同学年の子供さんたちよりも字もすらすら読めず、実際本も読んでいませんでした。しかし、小学校の先生との個人面談で言われたのがこうです。

「読書をたくさんする子ですね。とても色んなことを知っています。」

先生は一体何言ってるの?読書なんてしませんよ、うちの子。と一瞬戸惑いましたが、ハタと気づきました。

知ってることはほとんどお姉ちゃんから聞いた知識。本を読まなくても、お姉ちゃんが本の内容も、アニメや映画を見た時の主人公の心情も、ストーリーが言わんとしていることも、全て教えてくれました。教えたというより、隣で勝手にぺちゃくちゃお話しているのを、指をくわえて聞いてるだけなんですけどね。

 

つまり、スピードラーニング。

『ただ聞き流すだけでいいんですっ!』

 

 

その後も順調に本はあまり好きじゃないまま育ちましたが、小学校中学年くらいにゲームをするようになってから攻略本を買ってとねだられて、真剣に攻略本を読む姿に涙した母です。

 

【教訓】

・無理に読み聞かせなくても子は育つ。

・読み聞かせが好きな子にはどんどん読んであげましょう。がしかし、嫌がる子に無理強いしてもいいことはない。

・読み聞かせが苦手でも、自分で本を眺めたり読むほうが好きな子もいる。

-一覧, 育児

執筆者:

関連記事

『かわいい子には旅をさせろ』と『親の心子知らず』の小学校生活

幼稚園・保育園で送り迎えの日々をしてきた我が子が小学校に入学すると、いろんなことが心配です。特に下校時間になると、そわそわ。車に気を付けて歩いているか、お友達と仲良く帰れているか、ケガなどしていないか …

茶わん蒸しから学ぶ、人は見かけで判断するのは子供も同じ

独身時代はそれほど料理もしなかった私も、結婚して子供も出来て少しづつ作るようになってきました。子育ても落ち着いてきた頃、茶わん蒸しを作ってみました。子供たちにとっては、初めて食べる茶わん蒸しです。私自 …

【入園式】入園を待ち焦がれていたのは他でもない私だった(本人興味なし)

ケンタは5歳(年中さん)から幼稚園へ入園しました。 お姉ちゃんの美里が小学校へ上がり、ケンタは幼稚園です。 美里が小学校入学のタイミングで引っ越しをしたので、新しい土地での幼稚園でした。   …

きょうだい同士は何故もこんなにシンパシーを感じるのだろうか?謎の言葉も解読できるきょうだいの絆

末っ子まき子ちゃんが1歳を過ぎ、たどたどしく単語で会話できるようになった時のお話。   上の子たちは子供部屋のある二階で遊んでいましたが、まだ目が離せない小さなまき子ちゃんは私と一緒にリビン …

お父さんがストレッチして痛い痛いっていうと、さらに強く押してくるよね~似たもの母娘~

歳を重ねると、身体が硬くなりますね。 年々身体が言うことをきかなくなるにつれ、ストレッチの大事さを痛感する今日この頃です。 特に私の場合は肩! 自分が若い頃、大人が四十肩とか騒いでいるのを聞き、別世界 …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ