マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧

茶わん蒸しから学ぶ、人は見かけで判断するのは子供も同じ

投稿日:

独身時代はそれほど料理もしなかった私も、結婚して子供も出来て少しづつ作るようになってきました。子育ても落ち着いてきた頃、茶わん蒸しを作ってみました。子供たちにとっては、初めて食べる茶わん蒸しです。私自身、幼少期より茶わん蒸しが大好きだったので、ぜひともこの世に茶わん蒸しという幸せな食べ物が存在するんだということを愛しい我が子にも教えてあげたいと思ったのでした。

ちょっと「す」が入ってしまいましたが、そこはご愛敬。まあまあの出来です。

「茶わん蒸しできたよ~」

美里「わーい!わーい!いっただっきまーすっ」

パクッ

美里にとっては初めての茶わん蒸しです。3歳くらいだったでしょうか。三つ葉や銀杏といったクセのあるものは入れずに、鶏肉やシイタケを少し入れた具の少ない茶わん蒸し。

「どお?美味しい?」(わくわく)

 

 

美里「これ、いらない。。。。全然甘くない」

「え?茶わん蒸しだから、そんなに甘くないんだよ。」

 

 

すると、彼女はしばらくじっと下を向いて茶わん蒸しを食べずにじっとしていましたが、その次の瞬間こう言ったのです。

美里「こんなプリンいやっ!!!」

 

 

え?いつからプリンに?

 

 

確かに見た目はプリンに似ています。具も少なく下に沈んでいたので、なおさらです。きっとご飯にプリンが出てきたと思って、内心大喜びだったことでしょう。舌がプリンを受け入れる体制になっている時に、鰹だしの香りが口に入ってきた時の衝撃はいかほどだったか察するに余りあります。

 

以来、トラウマなのか茶わん蒸しは嫌いなままの長女です。

【教訓】

・初めて茶わん蒸しを食べさせる時は、プリンではない、甘くない、おかずだとしっかり伝えるべし

・どこそこの高級プリンより、市販のプリンが好き

・泣いてる幼児に「今日のおやつはプリンだよ」っていえば、たいがい泣きやむ

-一覧

執筆者:

関連記事

きょうだい同士は何故もこんなにシンパシーを感じるのだろうか?謎の言葉も解読できるきょうだいの絆

末っ子まき子ちゃんが1歳を過ぎ、たどたどしく単語で会話できるようになった時のお話。   上の子たちは子供部屋のある二階で遊んでいましたが、まだ目が離せない小さなまき子ちゃんは私と一緒にリビン …

【せんたくかあちゃん】大量に溜まった洗濯物を洗わなければならないのに仕事と家事と育児に疲れて元気が出ない時に読む絵本

赤ちゃんが生まれたとたんに増える洗濯の山 子供がいると、洗濯の量が半端なく多いです。 赤ちゃんは小さいんだから、服も小さくて簡単でしょ、なんて思ってたら大間違い。洗濯の量は大人以上です。 嘔吐・おしっ …

育児において父母が同じ内容の子育てをしているようであっても、子供のリアクションによって疲れ具合は違う

長女が3歳、長男が1歳くらいだったでしょうか。 私はその時期、仕事を辞めて子供たちの世話を全面的に見ていたのですが、東京に住む友達のお誘いをうけて、新幹線にのって結婚後初の一人旅を実現させることになり …

育児、それは怪我との戦い〜青あざを作って頑張るお母さんたちへのエール〜

寝たきりだった赤ちゃんが、寝がえりやお座りをできるようになると嬉しいものです。寝返りを今か今かと待ちながらずっと見ていられるのも赤ちゃんの魅力。可愛すぎてずっと見ちゃいます。それと同時に、動けるように …

【入園式】入園を待ち焦がれていたのは他でもない私だった(本人興味なし)

ケンタは5歳(年中さん)から幼稚園へ入園しました。 お姉ちゃんの美里が小学校へ上がり、ケンタは幼稚園です。 美里が小学校入学のタイミングで引っ越しをしたので、新しい土地での幼稚園でした。   …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ