マママンガ

四コママンガで綴るママの子育て奮闘記(でも痩せない)

一覧

茶わん蒸しから学ぶ、人は見かけで判断するのは子供も同じ

投稿日:

独身時代はそれほど料理もしなかった私も、結婚して子供も出来て少しづつ作るようになってきました。子育ても落ち着いてきた頃、茶わん蒸しを作ってみました。子供たちにとっては、初めて食べる茶わん蒸しです。私自身、幼少期より茶わん蒸しが大好きだったので、ぜひともこの世に茶わん蒸しという幸せな食べ物が存在するんだということを愛しい我が子にも教えてあげたいと思ったのでした。

ちょっと「す」が入ってしまいましたが、そこはご愛敬。まあまあの出来です。

「茶わん蒸しできたよ~」

美里「わーい!わーい!いっただっきまーすっ」

パクッ

美里にとっては初めての茶わん蒸しです。3歳くらいだったでしょうか。三つ葉や銀杏といったクセのあるものは入れずに、鶏肉やシイタケを少し入れた具の少ない茶わん蒸し。

「どお?美味しい?」(わくわく)

 

 

美里「これ、いらない。。。。全然甘くない」

「え?茶わん蒸しだから、そんなに甘くないんだよ。」

 

 

すると、彼女はしばらくじっと下を向いて茶わん蒸しを食べずにじっとしていましたが、その次の瞬間こう言ったのです。

美里「こんなプリンいやっ!!!」

 

 

え?いつからプリンに?

 

 

確かに見た目はプリンに似ています。具も少なく下に沈んでいたので、なおさらです。きっとご飯にプリンが出てきたと思って、内心大喜びだったことでしょう。舌がプリンを受け入れる体制になっている時に、鰹だしの香りが口に入ってきた時の衝撃はいかほどだったか察するに余りあります。

 

以来、トラウマなのか茶わん蒸しは嫌いなままの長女です。

【教訓】

・初めて茶わん蒸しを食べさせる時は、プリンではない、甘くない、おかずだとしっかり伝えるべし

・どこそこの高級プリンより、市販のプリンが好き

・泣いてる幼児に「今日のおやつはプリンだよ」っていえば、たいがい泣きやむ

-一覧

執筆者:

関連記事

虫が苦手な子のリアクション、ならびにお父さんのダジャレにそっけないリアクション

うちの娘は虫が嫌いです。 かなり小さい頃から虫嫌いアピールをしていました。   あれはたしか2歳前だったでしょうか。 ご飯を食べていたら突如泣きだしました。 大声でぎゃ~ぎゃ~泣くので、何か …

『かわいい子には旅をさせろ』と『親の心子知らず』の小学校生活

幼稚園・保育園で送り迎えの日々をしてきた我が子が小学校に入学すると、いろんなことが心配です。特に下校時間になると、そわそわ。車に気を付けて歩いているか、お友達と仲良く帰れているか、ケガなどしていないか …

何も考えていないのか策略なのか分からないが、子供の言葉にぐっときた瞬間

  「おかあさん大好き」     そんなことを、突然言われたらキュンと来ちゃいますね。 でも、 「お母さん大好き 実は買ってほしいおもちゃがあるんだけど」 って言われると …

トイレトレーニング?トレーニングしなくても、おむつは外れる

おむつが外れるタイミングは、みんな違います。 みんな違うと分かっちゃ~いるのに、一生懸命になってしまうのが親の性。   私『もう2歳だね、おむつ外してトイレでおしっこしようか!』 ケンタ『う …

育児において父母が同じ内容の子育てをしているようであっても、子供のリアクションによって疲れ具合は違う

長女が3歳、長男が1歳くらいだったでしょうか。 私はその時期、仕事を辞めて子供たちの世話を全面的に見ていたのですが、東京に住む友達のお誘いをうけて、新幹線にのって結婚後初の一人旅を実現させることになり …

マママンガマニュアル

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

マママンガは育児書ではございません。当サイトをご利用になったにも関わらず子育てが順調にいかないという結果が生じたとしても一切の責任を負いません。というか、子育てに順風満帆はありません。親子で一緒に悩み泣き喜び、そしていつかきっと来る子育てゴールに向かって一緒に頑張りましょう。

記事の検索
アーカイブ